Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

Other instruments Feed

2015年11月 3日 (火)

korg Cliphit

これほしいっす~!

2008年7月21日 (月)

メトロノーム

連休は川でオイカワを獲ったり、畑でとうもろこしを収穫したりして過ごしました。

で、メトロノームです。よすけはリズムがへろへろなのでリズム感を鍛えるのにギターを弾きながら足でリズムをとったり、体をリズムにあわせて揺らしたりと色々やってますが正確なリズム感をつかむという点ではメトロノームが一番かも。
メトロノームは「Korg MA-30」というのを使ってます。夜な夜なこのMA-30にあわせてビル君を生音で弾いて練習してるのですが一点問題が。。。このメトロノーム遅い方のテンポが40までなのです。これだと裏で使うやり方では80のテンポ以上しか使えないのです。スローブルースでは泣く泣く4つ打ちで使ってるのでした。

おまけの機能としてはタップでテンポがとれたり、ノートの発音機能があって音叉代わりに使えたりします。

メトロノームってシンプルなだけになかなか楽しいかも。

2007年3月 2日 (金)

しゃべる楽器

Jessie FullerのSan Francisco Bay Bluesを聴いててな〜んか引っかかります。イントロとソロはハープなのですが最後のエンディングでハープらしき音はするのですがどう聴いても人がしゃべってるような。。。

で調べてみるとどうやらカズーという楽器が使われているらしい。値段も数百円で買えるということで楽器屋に電話してみると置いてあるとのこと。早速購入(なんと6個も置いてありました。世の中既にカズーブームか?)

で帰りの車の中でCD聴きながら細い方から吹いて見ます。箱書きではハミングできれば吹けると書いてありますがなかなか音が出ない。。。強烈にぶーぶーいってるとなんかヘビーな音がでます。これは手ごわい。

うちでyoutubeでクラプトンのサンフランシスコベイブルース(もう消されてました)をみるとなんとハープスタンドにKazooが逆さまに取り付けてあります。クラプトンさんなんばしよっと!早くひっくり返さんと音がでらんばい!と叫ぶよすけ。しかーしクラプトンさん平気で太い方をくわえてぶーぶーやってます。そうです。太い方が正解でした(爆)。

早速太い方で吹いてみるとらくーに音が出るじゃありませんか。うたうだけでぶーぶー言ってくれます。

で本家ジェシーフラーの方をネットで調べるとサンフランシスコ1のワンマンな男とあります。もしかして歌に似合わず恐ろしい人?

恐る恐るyoutubeの映像を見てみるとなんと!一人でボーカル、ギター、ハープ、カズー、ベース、ドラムをこなす本当のワンマンバンドでした。←凄すぎ。

おまけの演奏
Kazoo sample
フラーさんのようなエグイ音はでません(泣)