Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

Guitar Feed

2010年10月15日 (金)

CASINOがやってきたヤァヤァヤァ!

Sdsc01986 最近古田史学九州王朝説にはまってま~す。

で、CASINOがやってきたヤァヤァヤァ!です。

え~、EPIPHONE CASINO購入しました!通称シモカジといわれるCasino Vintage(当時定価175,000円)でございます。90年製なので20年物。よすけの5本のギターって製造年が不思議と84~94年あたりの期間に集中しているんですよね~。

よすけがCasinoに興味をもったきっかけは数年前の第一回紫川Bluesフェスティバルです。このすばらしいブルフェスでなんと多くのblues manの方々がCasino(もしくはES-330)を弾いてらっしゃいました。そしてその音色のすばらしいこと!(ただみなさんのはVintageのUSA casinoでしょうが。。。)

P90とホロウボディーに魅せられたよすけはVintageは買えないので楽器店で韓国製のcasinoを試奏したりしてみましたがいまいちピンとこない。。。

ところが先日四角いベージュラベルの日本製の古~いcasinoを試奏する機会がありましてこの音色が素晴らしかった。もう買うか!ってな凄さがあったのですがフレット残りわずかなのとポリ塗装が浮き上がってまして泣く泣く諦めました。

やっぱ買うならラッカー塗装がいいな~、なんて妄想してましたがなかなか出ない。ところが先日オクで発見。これはもう行くっきゃないと即決価格で落とさせて頂きました。

今日届きましたがやっぱラッカーいいっす。味があります。あとコレクターの方の所有だったとのことでなんとフレットに使った形跡がない!!!のでございました。こういうのをデッドストックっていうのかしら。。。

金属部はかなりくすんでますがポリッシュ掛ければピカピカに復活するのではないでしょうか。

つーことで夜中なのでモニターSPにつないで小音量でしか音だししてませんがあま~い感じの音ですね~。明日のBlues Juniorでの音だしが楽しみです。

Beatlesでも練習するか(爆)。

2010年10月13日 (水)

むふふ

Sdsc01983 近所でヒッキーと栗拾いやってきました。大量ゲットでおいしく頂きました~。

で、むふふ、です~。なにやらやってます。ギタースタンドにTシャツの切れ端をまきつけてますね~。

週末が楽しみっす。

2010年8月 1日 (日)

みーちゃんギターデビュウ?

Sdsc01897 この暑い中エアコンが同時に2台故障(泣)。。。なんと一気に3台新規購入となりました。。。

で、みーちゃんギターデビュウ?です。

TPUKU家の上の娘のミーちゃん、最近YUIさんという方にはまってるそうです。で、なにげになんて曲が好きなの~?っと尋ねると「again」というのが好きとのこと。

こっそりネットでagainのコード譜を探して印刷、youtubeでagainとはなんぞやと曲を聴いてみます。すると本物のPVはないのですが女性のアコギの弾き語りで結構upされてます。(こんなの) 本物のPVはちょっと怪しいサイトですがこれ

うーん、普段Bluesしか聴かないよすけには歌詞が早口すぎるのとメロが難しくてなかなか弾き語りにはハードル高そうです。

ここらへんの資料を手にみーちゃんにギターで弾き語りとか興味ある?と聞いてみるとなんと弾いてみたいとのこと(にんまり。。)。早速ギターを渡してみるとあっという間(2日で)にEm、D、Cのローコードを押さえこなしてます(天才かも!)。

現在Bm7にてこずってるようですが本人ギターにはまったとかいってますのでそのうちyoutubeにupするぐらいにすぐなるかもですね~。将来は家族でバンドとかいいですね(妄想中~)。

2010年4月24日 (土)

クリップ式チューナー買いました。

Sdsc01707 一時停止違反で捕まってしまいました。とほほ。。。

で、クリップ式チューナー買いました。

先日友人S氏の家にギター遊びにいくとギターのヘッドにチューナーが付いてます。ちょっと使ってみるとなかなかよい。値段も安いらしい。KorgのAW-2Gというチューナーらしいです。これは買いでしょうということで早速購入。

で、使ってみましたがやはりいいです。パシッとチューニングがあいます。アコギはもちろんエレキでもgoodな動作です。ピエゾで拾ってるのがいいんでしょうか。マイクモードもあるみたいですがピエゾオンリーでよい感じ。バックライトも明るくて見やすいですね~。

おすすめです~。

2009年9月12日 (土)

ギタースタンド

Sdsc01101 明日は今年2回目のテニスの試合です。勝てるかしら。。。

でギタースタンドです。ギターが増えてスタンドが足りんな~とおもってたら中古屋になんか小さいスタンドが置いてあります。これはいいかもってな感じで購入。

ネットで調べるとCasatama PT-32というブツらしい。昔はパイプ式のネックとボディーを支えるタイプしかなかった気がしますがちょっと場所をとるので結構こういうのはいいですね~。ただストラトだと裏のスプリングを受けてしまうっつ~のがなんとも。。。

壁につるしたりとか憧れますね~。

(おしらせ)

来週の日曜(9/20)1:00~筑紫野のtutayaの1Fカフェバンビーノで日田弁Bluesの第一人者コージー大内氏のライブがあります。なんと無料です(1drink order)。お暇な方はぜひ~。

ライトニンホプキンスが乗り移っってます。九州以外の方は何いってるかわからんかもですね~。よすけは多分参戦予定っす。

2009年9月 5日 (土)

トレモロアーム

Sdsc01099 庭の巨峰が熟してきて毎日子供たちとつまみ食いしております。

でトレモロアームです。よすけのビルローレンスのストラト(左)とフェンダージャパンの67モデル(右)のトレモロアームを比較すると結構違います。

ビルのは材質がアームもキャップもステンレスでちょっとモダンな雰囲気、フェンダーの方はアームがメッキの鉄でキャップが樹脂でビンテージ風です。よく激しいアーミングでアームが折れたとかいうのがあるので80年代製のビル君は強度のあるステンレスが採用されたのでしょうかね~。

あと長さはかなりビルのアームが長いです。曲げ角度もビルが少なめで実際アーミングで結構低い位置にアームが位置してくれるのでピッキングしながらのアームが楽です。フェンダーのは曲げの角度の関係でアームの高さがかなり高いのでキャップの位置をつかんでアーミングしながらピッキングってのは結構ムズイっす。

まあほとんどアーム使うことの無いよすけですがいざという時のためにフェンダーのアームにも慣れが必要ですね~。

2009年8月 1日 (土)

Fender Japan ST67-95

娘のバレエの発表会会場が北部九州の大雨の影響で避難勧告を受けて発表会中止となってしまいました。残念。。。

Sdsc02059

で、Fender Japan ST67-95です。最近のジミヘンブームでどーしてもジミヘン関連のギターが一本欲しい。で定期的に中古屋さんのぞいてたら近いのが格安ででてます。

ジミヘンがウッドストックで使ってた白いストラトは68年製のラージヘッドですが、これは67年モデル。68年との違いはフェンダーロゴが金色のトランジションロゴなのとペグがFキーではなくクルーソンだという点のみ。まあ問題なしです。で、早速音だししましたがアンプがヤマハのモデリングアンプでいまいちよくわからない。Sシリアルで1994年頃製ということでネックに多少へたりはありますが全体的には綺麗。ということでいっちゃえ~と購入決定、お持ち帰りとなりました。(なんと16年ぶりのギター購入です。)

Sdsc02062

家に帰って早速分解、ネックにはSTB-67とあります。ボディー側には何も無し。ピックアップはアルニコタイプで布被覆の線が使われていてなにやら高級な感じです(USA ST-Vintage PU)。セレクターは3ポジション。ボディーは3ピースのアルダー。総重量は3.8kgと微妙に重いかも。カラーはVWH(ビンテージホワイトの略か?)。ST67-95とあるように当時9万5000円と多少高めの定価となってましてジミヘンマニア向けのギターだったようです。

その後ネックポケットの意味不明なスペーサを除去。スプリングが3本だったので手持ちの1本追加して4本へ。トラスロッドを90度程度まわしてネックのそりを修正。PU高さを修正。各部クリーニング実施でなんとか弾ける状態にたどり着きました。ただブリッジこまの高さ調整のレンチがビルローレンスのやつでは穴に入らず調整できない。。。フェンダージャパンの穴って小さいの???おかげで1弦チョーキングでつまります(泣)。明日ホームセンターで買ってこよーっと。(追記:1.27mmの六角レンチ買ってきてまわせました。しかし1弦は結構高めにしないとつまりますね~。オクターブ調整もやってみました。)

ビルローレンスと比べるとおもいっきし指板のRがきつい(184R)ので弾き易くはないですがまあラージヘッドに貼りメイプル指板で気分はジミヘンになりきれる一品です。 明日の音だしが楽しみっす!(追記:軽くBluesJuniorで音だししましたが結構枯れたいい音してます。大音量だとどうでしょうね~。)

2009年7月25日 (土)

カールコード

Sdsc00970 明日は娘のバレエの発表会。楽しみです!

で、カールコードでございます。よすけは今まで家でギター弾く時は普通のストレートのシールドで弾いてましたが、これがからまってしょうがない。弾くたびに抜いて輪にして引っ掛けておくのですが次回使う時にはからまってます。絡まった部分を毎回引きずりながらもうちょっとなんとかならんかな~と思ってました。

最近ジミヘンにはまってるので何気にシールドみてみるとなんかカールしたのをつかってますね~。これだともしかしてからまらない???

早速お店で5mのタイプを買ってきて使って見ました。

結果は

    よか~~~~~~  

ってな感じです。まったくからまりません。

ただ5mだと物凄く短いので身動きとれましぇんね~。最低でも10mはいります。ステージだと20m???これがよくいうカールコードは音質が劣化するという所以ですかね~。

2008年12月25日 (木)

シンライン試奏

クリスマスパーティーでたらふく食べてちょっと太ったかも。

でFender Mexico Telecaster'69 Tele Thinlineの試奏です。ギプスがとれて浮かれ気分の今日この頃、近所のモールにできた楽器屋さんをうろちょろしてると見慣れないシンラインが。シンラインというと2ハムのモデルの印象が強いのですがあれは72年モデルで今回試奏したシングルコイルのは69年モデルでボディーはマホだそうです。
アンプはfenderのHot Rod delux、早速弾いてみます。まずはクリーンchで。テレキャスというとキャンキャンいうイメージが強いのですがなかなかまろやかなトーンでいい感じです。リアも同様に使える色気のあるトーンですね〜。ハーフトーンはストラト程癖はないですね。やはりセンターPUがほしくなります。
ドライブchでクランチさせて弾いてもなかなか好印象です。最後にクリーンchでアンプのtrebleを思いっきり絞ってジャジーな感じにしてみましたがこれがよかった。帰ってよすけのBluesJuniorとストラトでtreble絞ってやってみましたが全然色気無しです。やっぱホローボディーってあまい音がでるのかしら。。。ほっしーっす!

2008年10月31日 (金)

ギグバッグ購入

明後日は畑のサツマイモの収穫予定です。焼き芋でもしますか。

で、ギグバッグです。よすけがエレキ(死語)を始めた二十数年前はエレキギターはソフトケース(死語?)という茶色のビニール製の入れ物にいれて肩に担ぐもので、これでよく高校まで通ったものです。ところが十数年のブランクを経ていざ町を見渡すとソフトケースは絶滅しておりました。なぜか高校生やrockアンちゃんが担いでるのは真っ黒のケース。調べてみるとギグバッグなる名前のケースらしい。
よすけの場合ギターを外に持ち出すことは滅多にないのですが色々な妄想をめぐらすとやはりここはギグバッグが必要という結論に至りまして、で楽器屋を見渡すとなかなか安くてモダーンなデザインのバッグがあるではないですか。なんかリンク先のサウンド研究室のしまさんがもってたのに似てます(同じか?)。かっこいいから買っちゃえっとゲットした次第です。
このバッグ、リッターというメーカみたいですがなんかポケットがいっぱいあったりクッションがついてたり、ショルダータイプじゃなくてリュックサックタイプのホルダーだったりして新鮮ですね〜。いや〜バイクで運ぶ時に重宝しそうです。
バッグかったということはどっかに持ち出さないとですね。スタジオ予約しますか!