Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

Effector Feed

2015年11月 3日 (火)

Wampler Plexidrive

よか音です。これも欲しいペダルっす。

sabbadius mr white 2

遂にsabbadius mr whiteⅡを入手。これやばいっす、クリーンブーストモードが恐ろしく良いし、歪みモードも唸ってます。ギターvolを絞ると簡単にクリーンがでるのも最高っす。もう他のODは使わないかも〜。

12122577_916830368397221_72273766_4

2014年10月 5日 (日)

Ibanez Tubescreamer TS5デモ

最近ほとんど午前様で睡眠不足のよすけです。

で、Ibanez Tubescreamer TS5デモです。(最近入手)

やはりモノホンのTSはミッドがでてよかです。

2012年9月 9日 (日)

Soul Vibe購入~♪

相変わらず仕事が超忙しい今日この頃。。。来週(9/16)は紫川ブルースフェスティバルですが行けるかしら。。。

で、Soul Vibe購入~♪です。

P1020392

これってユニバイブ系のペダルなのですが見た目があれ(笑)なのであまり知られてないかもしれません。出張で博多に行ったついでに楽器屋で中古の出物があったので試奏させてもらうとこれがハートビート出まくりでなかなかのものです。さっそく購入~。

中を開けるとLDRが2つで2段構成か???(通常は4段がふつう)

P1020393

あとはオペアンプが3個にトランジスタも4つほどありますがまあ普通のフェイザー(ユニバイブ)系の回路でしょう(想像)。

でうちのbluesjunior君でさっそく鳴らしてみました。(毎度演奏むっちゃよれよれでメンゴっす)。なんとなくハートビート分かりますでしょうか?となりにたたずむmy DIY univibe(easy vibe)と比べるとハートビートは強いのですがfuzzとの相性でちょっと音が固くなるって感じです。今後の活躍が楽しみです~。

2011年12月18日 (日)

これも気になる「JIMI HENDRIX PEDALS SET」!

先週からテニス再開しましたが3ヶ月のブランクでぼろぼろっす。

で、これも気になる「JIMI HENDRIX PEDALS SET」!です。Sabbadius熱はまだまだ冷めません。このメーカ、OLD Blues Rockサウンドを追求しているみたいでジミヘンサウンドもやってくれてます。↓こちら。

- SABBADIUS FUNKY VIBE
- SABBADIUS TEXAS RED FUZZ
- SABBADIUS OCT-UP FUZZ TONE
- SABBADIUS SOUL ITALIAN WAH  の黄金のセットです。

TEXAS RED FUZZの太いトーン、Funky Vibeの鼓動、Soul Italian WahのFuzzとのマッチング、OCT-UP Fuzz Toneの刺激的なトーンとどれも極上ヘンドリックスサウンドオンパレードです。一社でこれほどのものを作ってるってのが凄い!Fulltoneを超えた???

よすけのFUZZ、WAH、VIBEもこんな風に使えるジミヘンセットにチューニングしなきゃ(爆)。

2011年12月10日 (土)

SRVドンズバエフェクター発見!

むっちゃ寒くなってきましたね~。

で、SRVドンズバエフェクター発見!です。これ↓すごすぎます。デラリバがVibroverbに変身してます。まんまSRVのトーンですね。リアPUのスクリーミングトーンも絶品っす。ほっしーい。

アルゼンチンのSABBADIUSというメーカのpro booster SRV clean sound です。なんとハンドワイヤードらしい。

これにVolを付けたバージョン(ダンブル、スーパーリバーブ、ベースマンの音も出ます!)。7:00ぐらいでギター側のVolを下げていますがむっちゃ綺麗なクリーントーンが出てますね~。

更に最新版では謎のモード切替バージョンが出てます。

日本では2番目のやつが出てるみたいですが売り切れですね~。人気あるのかしら。

買う気満々のよすけでございました(笑)。

このメーカ他のエフェクタもたまらんラインナップっす!

2009年7月19日 (日)

ジミヘンセット~

Sdsc00941 今日はむちゃ暑かった。。。昼からテニスしましたが帽子忘れてまして体は脱水状態。。。途中で三途の河がうっすら見えたような、、、皆さん注意しましょうね~。

でジミヘンセットです。前回ジムダンのジミヘンワウJH-1の発振に泣いたよすけですがリベンジということで友人ののすけ氏からVoxのV847(アメリカ製:inputバッファ無し)を譲っていただきまして早速並べてみました。

ギター側からV847、’69クローン(Fuzz)、EasyVibe(Uni-Vibe風Vibe)、EasyVibeのスピードコントローラ(EV-5改)と並んだ姿を眺めてるとなんとなくジミヘンのサウンドがよみがえってくるような錯覚に陥ります(笑)。。。実際は各ペダルのセッティング、ペダル間の相性問題、大音量でのセッティングの必要性等々つめなければいけないことがありすぎてジミヘンサウンド再現は遠い道のりなのですがスタートラインにはたどりつけたかな~といった感じです。

Sdsc00940 で肝心のV847ですが生音ではいかにもおしゃれなさわやかワウサウンドを奏でてくれます。でFuzzをonするとBiasで入力ゲインを絞った状態ではワウかかってくれます。Bias抵抗値を下げていくとだんだんワウかからなくなって最後にはまったくかからなくなることがわかります。リンク先のJAKEさんのところで言われていたFuzzとWahの相性問題ってこれなんですね~。JH1はインプットバッファを持っていたので割りとかかりがよかったのかしら。ということでJAKEさんがやられてたみたいなアウトプットバッファの増設は検討課題ですね~。

あとJH-1でマイルドなFuzzWahサウンドを体験してしまったのでノーマルなWah回路だとどーも歪ませた時のトレブルが痛い感じが気になります。JH1スイッチつけようかしら。JH1回路にするとまた発振するんだろうな~(泣)。

その他TB改造、LED増設、ACアダプタ対応(平滑回路も)、クライドマッコイ回路への変更、インダクタ変更、その他色々改造とWah一つで半年分ぐらいやることあったりして。。。納得する音にたどりついたら音源upさせていただきますね~。(写真はノーマル状態のV847基板)

2009年7月 4日 (土)

ワウワウ~顛末記

Sdsc00932 今日は近所の渓流で水遊びしてきました。

で、ワウワウ~顛末記です。よすけはWahペダルもってません。以前ME-8のワウで遊んだことがありますがまあおもちゃみたいなもんでした。本物のワウといえばVox847とかジムダンのクライベイビーGCB95とかありますがもともとどちらもオリジナルはイタリアのJENでつくってた(ブランド違い)ということで回路をみるとクライベイビーにインプットバッファが付いている以外はほとんど同じです。(Voxの847Aはインプットバッファ付きみたいですが)

以前楽器屋で847とGCB95を試奏した時は847がおとなしくて95が下品ってな感じのイメージでした。で最近ジミヘンごっこを繰り返しているうちにwahが欲しくなりまして中古のGCB95とJH-1(ジミヘンワウ)を比較してマイルドで切れもいいJH-1を購入となりました。

このJH-1なにがGCB95と違うかというとインダクタとパラに0.01uFのCがついてるのと100kのpotの出力を0.022uFでGndにおとしているという点だけですが音は全然違います。ペダル戻し側では1弦とかほぼトレブルカット状態で音がかろうじてでてるぐらいのセッティングです。踏み込み側でも抑え目なブーストですが戻し側との差が激しいので小気味良いちゃかぽこサウンドが炸裂してくれます。Voodoo child気持ちいいです。ってな感じであそんでたのですがburning of the midnight lampをしっとり弾いているとなんか戻し側で時々ピーー!っと発振音が。。。。なんじゃこれはとおもって色々フレットをさぐると特定のフレットで発振するようです。クリーンではOKですが、アンプで歪ませてもエフェクターで歪ませてもだめです。FUZZは最悪でした(ピーっというフレットが増える)。。。。JH-1って戻し側でおもいっきし高音削ってるのでむちゃ目立ちます。

ということで泣く泣く返品となりました。

あらためてGCB95の中古を丹念にフレットおっていくとこちらも発振ポイントはあるのですがもともと戻し側で高域がまだ残っているので目立たないって感じでしょうか。ただちょっと購入する気が起きずそのまま帰宅となりました。

今度楽器屋でVOX847も発振するか探ってみてよかったら購入しようかしら。。。。

2009年1月 5日 (月)

SRVとFUZZFACE

仕事はじめで機械のトラブル発生、ラインを止めてしまった。。。

でSRVことスティービーレイボーンとFuzzFaceです。リンク先のごりの趣味部屋のごりさんのBlogでSRVがFuzzFaceを使っていると教えていただきましたがどこで使ってるのか分からないということで悶々としておりました。

ところがなんと先日購入したプレイヤー2000年9月号(kissが表紙のやつ)にSRVの1986年、1989年のインタビューが載ってるではないですか。で、ありました〜!アルバムIn stepでFuzzFace、TS、Voxのワウを使ってるとのこと。(写真にはロジャーメイヤーのオクタビアも写ってますね)
スクラッチンスニッフのソロ、ラブミーダーリン、リーブマイガールアローンのソロ(これは結構ノイズ出まくり)で踏んでるみたいですね〜。全体的に結構控えめな感じのセッティングなので今まで気づきませんでした。
あとネットとかで調べると89〜90年にかけてライブのVoodoo ChildでFuzzFaceを使ってたらしいのですがここらへんの時代のライブ音源聴いたこと無いので確認できまっしぇ〜ん。

youtubeに90年のライブ音源ありました。使ってますね〜。
こちらは89年のNYでのライブ。こちらもFuzzサウンドです!

ということでSRVはギターソロ等で結構FuzzFace使っていたという結論でございました。やっぱFuzzFaceほっし〜す。

(お知らせ)よすけのBlogの運営会社がBlog運営をやめることになりました。そこで1/13〜1/末は書き込み不可になって2/1からBBIQブログというところに現状の記事は移動されるそうです(現在のアドレスに来ていただいた場合は自動で新Blogに転送されるそうです)。ということでしばらく新規投稿はできなくなりますのでご了承くださいませ〜。

2008年11月30日 (日)

ドライブペダル比較サイト

骨折から1週間たち左手のみの生活に多少慣れてきた今日この頃。

で、ドライブペダル比較サイトです。以前紹介したSRV奏法レッスンサイトの主催の方がなんと現行の18種のドライブペダルをクリーンブースト、パーシャルブースト、フルブーストの3つのモードでサウンド付きでテストされています。試しているドライブペダルは以下、
Boss BD2 Bluesdriver
Boss OS2
Digitech Bad Monkey
DOD Mystic Blues OD
Fulltone Fulldrive 2
Fulltone Fulldrive 2 Mosfet
Fulltone OCD
Fulltone Robin Trower OD
Hardwire CM-2
Ibanez DS7
Ibanez TS7
Ibanez TS808
Marshall Bluesbreaker II
Maxon D&S II
Maxon OD-9
Nobels ODR-S
Visual Sound Route 66
Voodoo Labs Sparkle Drive

BossとMarshall以外は見事にTS系(いわゆる鼻づまりサウンド)ですね〜。D&S�が意外とつやつやのドライブサウンドでよかったりします。がっ、Visual Sound Route 66のクリーンブースト聴くといきなりSRVが飛び出してきます。これはなかなかのもんです。これのODだけ取り出したのが売ってるみたいですね〜。また欲しいものが増えてしまった(汗)。