Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

DTM Feed

2018年2月24日 (土)

FX-AUDIO DAC-X6J導入

少しづつ暖かくなってきましたね〜。

で、FXAUDIO DAC-X6J導入です。PCからオーディオ再生する場合dacと言う物を経由するらしい。usb、同軸、光端子がありcdプレーヤーやtvの音声も出力可能になるとのこと。これは欲しいと鼻の穴が広がります。早速色々見てると1万円ぐらいで買えるのはタイトルの機種ぐらいみたいっす。dac icもcs4398なので音質も期待できるかも〜。後オペアンプがソケットになっててオペアンプチューンできるのも良さげ。

Img_20180224_180806

来ました。pcからwav再生しましたがcd品質の音質です。cdの直接アンプとdac経由を比較するとこれも差がわかりません。tvがオーディオとつながって臨場感が良いです。ただしよすけのスマホはつながらなかった(otgケーブル経由)。。。

もうdac無しの生活には戻れません。おすすめです〜。

2018年1月10日 (水)

quad s2

オーディオ熱冷めやらず。

で、quad s2です。先日fostex買ったばかりですがもうとまりません。youtubeでスピーカーの音を聴き漁る毎日。そんな中jazzを伸びやかにかき鳴らすスピーカー発見。なんかよく知らないquadというメーカーのs2というモデルらしい。よくよく調べると世界一音がいいい静電スピーカーやら真空管アンプやらセパレートアンプやらを作っている英国の由緒正しいメーカーらしいです。まあしばらく忘れてたのですが何気にオクを見てるとなんと出てます。しかも未開封品。定価は17万とお高いのですがメチャ安く出てます。もう行っちゃえと落札と相成りました。

Img_20180110_2052072

マホガニーの突板がエロいです。最初はなんかまろやかでsx-f3と変わらん?と思ったりしましたがそのうちむっちゃ良くなってきてオールジャンルで定位良し、透明な空気感あって、小気味よいシンバルとふとい低音も良かったりと最高です。まさに目の前で演奏してくれるスピーカーでは無いでしょうか。次はアンプか(爆)。

2017年12月 3日 (日)

フルレンジスピーカーfostex fe83-sol

えー突然ですがフルレンジスピーカー欲しい病を発症しまして色々調べてました。フルレンジは定位が良くて気持ちいいらしい。16cm位のフルレンジでジャズってのも良さげ。で、市販ではフルレンジは古い物しかないので自作物を探してみます。ユニットはmarkaudioのalpairがレンジが広くて良いとのこと。国産ではfostexの10cmのfe108-solが超高評価だが廃番でプレミアムが凄く手が出ません。結局バスレフ箱に入ったfostexのfe83-solをオクで購入。8cmは高音が素晴らしく女性ボーカルが最高らしいがどうかしら。

Img_20171128_202803

箱は4.3l、バスレフダクトの共振周波数が78hz程度でサイドがパイン集成材、他はラワン合板に桜の突板という洒落た仕様となっております。早速聞いてみます。評判通り高音がシャープで女性ボーカルやシンバル、管楽器のリアリティーが凄い。ちょっとやばいぐらいです。まるで目の前で演奏されてるような錯覚を覚えます。完全にスピーカーが消える定位の良さといい凄い物を入手してしまいました。手持ちのジャズアルバムをひたすら聴き直す日々です。ただ現代楽器に滅法弱いのと低音が殆ど出ないという癖のあるスピーカーでして、ポップスは諦め掛けてます。。。低音はバックロードホーンの箱を調達しようかと思ってましたが、、、yst-sw45というヤマハのサブウーファー入れちゃいました。。。ユニットが100hz〜なのでここでクロスさせてます。ダクトは78hzなのですがユニットとつなげたほうが自然に聞こえました。で、サブウーファーの音量は一目盛り位と控えめですがこれでかなり完成度高い音場が得られました。ちょっとこの高解像度のクリアーなサウンドを知ってしまうとこれまでつかってたsx-f3には戻れませんね〜。いやードライバーメーカーが本気で作った小径ユニットって凄いですね〜。お勧めです!

2010年4月29日 (木)

TUXGUITARというソフト

S1 本日からGWに突入でございます~。

で、TUXGUITARというソフトです。

最近ギターのスコアはネットでpowertab形式のファイルを拾ってきてフリーソフトのpowertabEditorで読み込むってことが多いです。

ただネットでGuitarPro形式のスコアが結構増えてきましてこれは有料のGuitarProというソフトを購入する必要があります。GuitarProのVer.4のdemo版だと30日過ぎても使えるらしいとか色々しらべてると2chでTuxGuitarというソフトが紹介されてます。

このソフトなんとフリーなのにギタープロ形式のスコアが読めるとのこと。更にパワータブも読める万能ソフトなのですね~。

早速ダウンロードして使ってみましがどのタイプのスコアもさくさく読み込んで再生してくれます。機能も充実で結構いけてます。早速GuitarPro形式のスコア大量ダウンロードしました。

ただしパワータブのスコアは忠実には再現してないようです。(譜割が適当になる、ミュート音が音符になったりする、パワータブの小さい音符を表示しない、コードを表示しない、演奏記号を表示しない、ギターのチューニングがずれる、)等々ありましてパワータブはパワータブエディターで読むのがよろしい感じ。

GuitarPro形式のスコアは結構よめてますが一つ問題が。。。なんとチョーキングの記号はあるのですが何音上げかがわからない。。。

ということでギタープロのスコアをお手軽に再生できる簡易ソフトといった所でしょうか。本気で使うならGuitarPro買いましょうね~。

2009年11月19日 (木)

携帯を音楽プレーヤーにしてみる

Sdsc01363 庭のレモンの実が黄色く色付いてきました~。そろそろ収穫して蜂蜜漬けを作ろうかしら。

で、携帯を音楽プレーヤーにしてみるです。携帯のマニュアルみると何気に簡単に音楽再生できそう。ということで早速やってみましょう。

まずはファイル形式、WMAが読めるとのことです。XPのWMPでWMAに変換できることが分かり早速CDを変換しまくりました。

次はSDカードです。お店でみると4GBが1500円ぐらいと安い!お買い上げです。で、家でPCのSDスロットにさしてみるとPCが固まります。。。何度やってもだめ。よく見るとSDHCと書いてます。何じゃこれは!!!と思いながらネットで調べるとSDHC専用のリーダーが必要とのこと。更に調べるとWinXPのSP3だと普通のSDスロットで読めることもあるらしい。しかしうちのPCのバージョン調べるとSP3。なんでかダメなのね~。。。あきらめて専用リーダーを購入、難なく読めます。そこでWMAに変換したファイルをSDに移してケータイで読み込ませます。

なんか途中でポーンと警告音。。。なんと350曲までしか読み込めんとのこと。。。。更にアルバム情報が取れない。。。350曲がだだっと並んでます。選曲不可能。。。。なかなか手ごわいっす。

で、最終的にはWMAをアルバム毎にフリーウエアで結合して一つのファイルにしてこれを読ませることにしました。これだと350アルバムまで認識できるので十分かもです。

早速携帯用イヤホンで聴いてみましたがなかなかいい音してます。しっかし携帯で音楽聴くってなかなかハードル高いですね~、疲れました。。。

2009年6月 7日 (日)

これで聴いてます(CDプレーヤ編)

Sdsc00890 今日は今年初のテニスの試合で1勝3敗でした。とりあえず1勝できて大満足です。

でこれで聴いてますシリーズ最新作はこれ「Technics SL-PG480A」です。よすけは以前PanasonicのLX-1000というLDプレーヤを使ってたのですがCDをトラッキングしきれなくなり廃棄処分となっていました。その後三菱の安DVDプレーヤでCD聴いてたのですが、なんと職場に新しく越してこられたMさんが引越し荷物のなかでお蔵入りしそうなCDプレーヤがあるとおっしゃってます。それっていただけませんか~お願いすると、OKとのこと!なんとあのテクニクスのCDプレーヤを無料でゲットとあいなりました。Mさんありがとうございます~!

このSL-PG480A、テクニクスのなかでは入門機(1997年10月発売で定価34,800円)らしいですがさすがテクニクスって感じでトレイの動きに重厚感があります。リモコンで音量が調整できるってのもいけてますね~。

性能的にはスーパー1チップLSI、MASH・1ビットDAC、オーディオ用電解コンデンサー、デジタルサーボ等々色々てんこ盛りだそうですがなかなかの音質でございます。現在tpuku家でCD再生に大活躍中なのでした。

三菱のDVDプレーヤはというとmp3再生専用機になってしまいました~。

2008年4月26日 (土)

一人セッションのお供2

下の娘(1年生)が小学校に行きたくないと毎朝ぐずってます。よすけが無理やり学校につれていってます。。。

で一人セッションのお供です。以前の記事でYAMAHAのQR10というシーケンサで遊んでるとかいてましたが今では下の娘のmidiキーボードの音源として活躍しているため、最近は自分で演奏した伴奏を録音して演奏したりしてましたが延々と遊ぼうとするとバッキングも延々と録音しないといけないので疲れます。やっぱりシーケンサが必要。ということでハードオフをうろちょろしてみるとQR10の兄弟分のQY8(1994年発売)が3000円でジャンクコーナーにころがってました。ジャンクにしては高い気もしますが他のシーケンサは高いので電源入るのだけ確認してお持ち帰りとなりました。

早速家で音だしです。ちゃんとなるような気がします(一部ハットがノイジーなのもありましたが。。。)。シャッフルのリズムでブルース進行を普通のやらストマンやら��てんこ盛りやら色々打ち込んでリピート設定して大音量で鳴らしながらギター弾きまくりです。よいしれてると上の娘からTVが聞こえんのでいい加減にしてくれと注意されてしまいました。やっぱ防音室いるな〜(泣)。

2008年1月19日 (土)

多重録音の思い出

こないだ会社の駐車場の気温が-2℃になってました。寒さ本番ですね〜。(写真は全然関係ないのですが今度やろうとしてることに使う片歯のエンドニッパーです。)

で多重録音です。音楽好きなら一度は多重録音しようと思い立ったことある人多いんじゃないでしょうか。よすけもその一人です。

最初の多重録音は中学時代(80年代初頭)でこのころはBeatlesの弾き語りにはまってまして、Lady Madonnaをまずラジカセで弾き語りで録音。次にそれをステレオでながしながらピアノでイントロを弾いてまたラジカセで録音。更に同様にして間奏のサックスをピアニカで録音、リズムとかも適当になんか叩いてかぶせてたような。4トラックぐらいかぶせ終わった後には演奏はヒスノイズのかなたからわずかに聞こえてくるって感じでひどい録音状態でしたが当時は凄く興奮&満足したのを覚えてます。

さすがにこれは続けるのがしんどかったのですが高校ぐらい(80年代中盤)になると小学校の頃に母親が訪問販売で買わされたのだがよすけは全然使わなかった英会話のLLカセットレコーダー(皆さんしらんよな〜)ってやつを何気にいじってると録音済みのテープに上から録音したつもりが前に録音したのがいっしょに聴こえることに気づきまして、これって2chのマルチトラックレーコーダーだったのです。でまずギターでバッキングを録音して、その後LL録音モードでバッキングを聴きながらソロを録音するとかやってました。これは音が劣化しないので楽しくて大学ぐらいまで使ってましたね〜。

その後ブランクがあって最近DAWとかBOSSのBR-864とか使って録音してますがまあ当時程の興奮はないですね〜。なんか興奮することないかしら。。。

2007年12月 9日 (日)

ギタリストの楽園

なんか植えてないのに畑で自然薯をざっくざく収穫中。去年の堀残しが増殖したみたい(笑)

で、ギタリストの楽園なのですが、それは防音室なのでした。よすけの友人の凄腕ギタリストのすけ氏がマンションの掲示板に苦情の貼り紙がされたのを期になんとアビテックスの防音室(2畳、-30dbタイプ)を導入したとのことで早速潜入調査をさせてもらいました。

事前の情報では大した防音効果がないとお嘆きの様子でしたがどうでしょう。いってみるとなんか一部屋まるまるつぶれてる感じ。なかなか凄い状況です。天井は180cmぐらいでなんとか歩き回れます。KOCHとCARRのアンプ2台がそびえたっています。但しエフェクタとか椅子とか机とか置くとかなり慎重に動く必要があります。

早速のすけ氏のサドウスキーで結構な音量でひいてもらいよすけは外で音量チェック。おー^普通のスタジオの外にもれるぐらいの音もれはありますがあくまでマイルドな音です。これはいいんじゃないでしょうか。のすけ氏から一通りの説明を受けひとりで試奏開始です。ギターはビルローレンスのストラトです。CARRに直結でバコンバコン弾いてみます。セッティングいろいろ試してるうちにほぼスタジオで出すぐらいの音量で弾きまくりです。しかしのすけ氏が血相を変えて止めにくる様子はありません。にやり。。。これって凄いかも。これからちょくちょくよらせてもらを〜っと。のすけさんよろしくっす!ギタリストの楽園ここにありって感じです。

うちにもほっすぃ〜かも。

2007年10月 8日 (月)

初めての打ち込み

19万km走った愛車を6万キロの中古車に乗り換え。今度の車も20万kmぐらい走ってくれるかしら。。。

で初の打ち込みです。よすけはシーケンサのプリセットは使ったことがあるのですが打ち込みは初めてです。まあベースが難しすぎて弾けなかっただけなのですが(汗)。。。
今回はフリーソフトのStudio ftn Score Editorを使ってます。DAWソフトにはピアノロールとか付いてますがよすけには難しすぎなので楽譜入力タイプにしてみました。PCで打ち込んでmidi再生しながらサウンドレコーダーで録音してwaveを作ります。それをBR864に持っていってスクラブコマンドでリズムマシンと同期ってな手順です。
しかし打ち込みのベースってなかなか打ち込み臭さ全開ですね〜。オリジナルはブリブリローファイな音で迫ってますが打ち込みだと品がいいというかなんというか。。。EQで高音を絞ったりしましたがいまいちです。しかもPCのモニターSPではベースあんまり聴こえなかったりして(泣)
あとドラムは譜面無かったのと耳で採るのが困難だったのでMTRのリズムマシンのプリセットをそのまま使ってますです(爆)。
ギターはKramer JK2000のリアPUをFender sidekick君に直刺しです。演奏は相変わらずへろへろです。

※07/10/10音源差し替え(Mix変更、コンプ追加、ギター音色EQ調整、ドラムパターン変更)しました。

CreamのCrossroadsの1stソロの部分をやってます。なんともしまらない演奏になってしまった。。。