Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

時計 Feed

2009年12月29日 (火)

世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントCal.6139

S_006 時計にはまってる今日この頃。。。

で、世界初の自動巻きクロノグラフムーブメントCal.6139です。

昨日届いたこの時計「SEIKO CHRONOGRAPH AUTOMATIC(通称フジツボ、海外ではHelmetと呼ばれてます)諏訪セイコー(現在のセイコーエプソン)製6139-7100」、なんと1969年にセイコーが世界で初めて市販した自動巻きクロノグラフムーブメントであるCal.6139を搭載して1976年に作られた33年前のビンテージwatchなのです。

この1969年にはZENITH、HEUER-BREITLING陣営もそれぞれ自動巻きクロノグラフのムーブメントを発表していたそうですがいち早く市販にこぎつけたのがSEIKOだったというわけです。くしくも1969年は同じSEIKOが世界で初めてクオーツを使った時計を発表してしまったためその後機械式時計は凋落の一途をたどるのですがSEIKOからはスピードタイマー(輸出用はChronograph Automatic)という名前でこのCal.6139を使って実に多種多様なクロノグラフが作られています。(よすけはこんな時計の存在は最近しったのですが。。。(汗))

このCal.6139の特徴は

・61系の流れの6振動

・2時の位置のボタンでセンターのクロノ針がスタート、ストップ

・スモール針が30分までの時間をカウントする積算計(この後発表されたCal.6138には12時間積算計が追加)、この針の動きが実に面白いです。59秒から微妙に半分程度動き出し1分経過でスパッと次の分の場所に移動します。見ててあきません(笑)。

・4時の位置のボタンでクロノ針を0位置に戻す(帰零)

・デイデイト表示(リューズを強押しで曜日、弱押しで日付を早送り)、曜日は2カ国語表示

・手巻き機構なし(この後発表されたCal.6138には付いてます)

・秒針が無いので時計としては長針と短針のみ(通常はクロノ針を回しっぱなしで代用できますが。。。)

等々でして、40年前に既にこんなの作ってたんですね~。更に文字盤の周囲にはタキメータまで付いてて時速が測定できたりします。

このフジツボ君、時計としては異常にでかい。。。厚みは先日紹介しましたSEIKO5君の2倍はあります。重さもおもい。。。でもこのデザインがいいんですよね~。なんというか現在ではありえないノスタルジックでありサイケでありモダーンなデザインです(スピマスのMarkⅢのパクリともいう)。外人にヘルメットってあだ名をつけられてるってのもかわいいじゃありませんか。リングが鏡面でボディーがヘアライン仕上げなので自分で磨きを掛けるってわけにはいきませんが傷もほとんどない美品でしたので大事に使っていきます~。

Sdsc01466_2※追記:裏のスクリューバックを開けたところです。表面とうってかわってケースの腐食があります。ここはSUSでもOリングで外気と遮断されているため腐食防止の酸化皮膜が弱いところです。ただムーブメントは思いの外綺麗。あと17石、6139Bとありますね~。腐食部はシリコンゴムで埋めて湿気防止対策を行いましたがどうでしょう。金色のテンプ(振り子)の上にある出っ張り手前がひげ持ち(片振り調整)、奥が緩急針(歩度調整)です。

メンテナンスの問題とかもあるのでまあ色々と大変なのですがジャパンビンテージのクロノグラフってなかなかよいですよ~♪

2009年12月27日 (日)

裏蓋オープナー

Sdsc01444 今年もあと少しで終わりですね~。

で、裏蓋オープナーです。先日頂いたテクノスの裏蓋はスクリュー式なのでどうやってもあきません。あけるには特殊な工具がいるとのこと。で色々調べるとなんと100円ショップで工具が売ってるとのこと。近所のお店にはなかったので少し離れた大きなところで物色。

ありました~!

写真のスクリューバック空け用の工具と普通のスナップ式の裏蓋あけ用の工具、ルーペの3点セットで420円と格安でした。

早速意味無くあけてみます。裏蓋の溝に工具の爪をあわせてエイッ!とまわしますが、、、、蓋は回らずに工具がずるっと滑って蓋におもいっきし傷が。。。。。ガックシ。。。。その後も何度もやるのだが傷が増えていくばかりです。ちょっと休憩して床のじゅうたんの上でやってみるとグルンとまわりました。ほっ。

あけてみるとなんか美しいですね~。バネ巻上げ用の錘には金色でテクノスと掘り込んであります。SEIKOのムーブメントとは気合の入り方が違います。とりあえず用は無いのでそのまま蓋を閉めますが、将来的にはバラバラにばらしてオーバーホールでもしてみたいな~という妄想がうかんでおります。

P.S.オクで時計を一個落札しましたです。はやくこないかな~(笑)

2009年12月20日 (日)

頂き物

Sdsc01436 昨日は子供たちと博多の森にアイススケートに行ってきました。昨年の骨折の記憶がよみがえって慎重に滑ってると子供たちにおいてかれました(笑)。

で頂き物です。職場の骨董マニアのMさん実に幅広く骨董道を歩まれていて真空管ラジオ、カメラ、時計等々素人には理解不可能な領域を開拓されております。特に時計は100本近く収集されているということでご好意で一本いただけることになりました。

seiko5のアクタスSS、シチズン?の電動テンプ(バネでなく電池で機械式時計を駆動するタイプ)のレア物、そして写真のテクノスのジャルダンから好きなのを選んでいいよ、とおっしゃられるので文字盤が黒のこのテクノスを頂くことにしました。

テクノスというのは1970年代にテレビのクイズ番組でスイスの高級時計というふれこみで景品になったりした時計らしくネットでしらべるとこのジャルダンも70年代のものらしい。当時の定価が45000円と大卒の初任給より高かったのではないかという高級品なのでした。文字盤の黒い部分は人造サファイヤ?で時刻の所と針の黒い線はオニキスをあしらってあるらしいっす。振動の周期もseiko5が5.5振動/秒なのに対してこちらは8振動/秒のハイビートでさすがスイスと思わせる造りです。こんなのもらってよかったのかしら。。。

デザイン的にはいかにもおしゃれブレスレット的な香りがするのでよすけの普段使いとしては微妙なのですがベルトをダイバーズとかのプラスチックベルトに替えたりするとハードな感じに変身していいんじゃないかと妄想しております。

機械式時計って手がかかるのであまり数はもてないと思うのですがネット見てるといいの(クロノ)が結構安くでてるんですよね。やばいかもです~。

2009年11月29日 (日)

ベルト交換しました。

Sdsc01409 下の娘が新型インフルエンザにかかってしまいました。とほほ。。。家でもみんなマスクつけてます。

で、ベルト交換です。SEIKO 5君ですが骨董屋で買った時についてたベルトは安物で既にぼろぼろになってます。

ということでベルトを交換したい。イメージはブライトリングについてる皮のベルトみたいなのです。近所のショッピングモールをうろちょろしてみましたがあまりいいのが無い。そこで天神へGO。

2軒目に行ったイムズの時計屋さんでブライトリングそっくりなベルトを発見。これはいいかも。スティッチは白が希望だがあいにくグレーしかない。まあグレーも渋くていいかもと自分に言い聞かせて購入。フランスのズッコロロシェ(ZRC)というメーカの水牛製のベルトだそうです。

交換してみた感想は、大満足でございます。SEIKO 5君がぐっと渋く引き立って毎日つけようという気になりました。時計のベルト交換って楽しいですね~。

2009年11月27日 (金)

ビンテージSEIKO 5

Sdsc01401 携帯が2ヶ月にしてもう壊れてしまいました(泣)。

でVintage SEIKO 5です。十数年前に骨董屋で古い自動巻きの時計が安くでてたので購入したものです。しばらく使ってましたがだんだん飽きてきて10年ぐらいタンスの肥やしとなってました。

最近職場にいらしたMさんが骨董とかアンティーク時計とか好きだとおっしゃってたのでみせてみるとシリアルをさっと見て1969年2月製でいい物なんじゃないの~とのたまわれます。よすけはそんなに古いものと思ってなかったので適当に扱ってましたがなんとよすけと同級生のとっても古い時計だったんですね~。急に愛着を感じてしまいます。

そう思うと風防の傷やらなんやら気になります。自力で分解整備しようとしましたがなかなか開かない。。。ということでメンテ道具一式持ってらっしゃるMさんにお預けとなりました。

写真は返ってきた状態ですがメカを取り出しての掃除から油差し、風防の傷とりまでやって頂き見違えるような状態です。Mさんありがとうございました~♪

品番はムーブメントが5.5振動/秒のCal.5126で亀戸の第二精工舎(現在のセイコーインスツルメント)製の51ファイブといわれるものみたいです。デザインは8110となってます。ちなみにSEIKO 5の5とは5つの機能の意味で、耐震装置(ダイヤショック) 、自動巻き、デイ表示、デイト表示、防水機能を備えるということらしいです。しばらく使ってますが日差30秒程度とまあまあの精度で安定しているってのが凄いです。これからは大事に使います~。