Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 黒ビーノ君ストライプ化計画 | メイン | ジャズ喫茶「ブルーライツ」 »

2017年12月 3日 (日)

フルレンジスピーカーfostex fe83-sol

えー突然ですがフルレンジスピーカー欲しい病を発症しまして色々調べてました。フルレンジは定位が良くて気持ちいいらしい。16cm位のフルレンジでジャズってのも良さげ。で、市販ではフルレンジは古い物しかないので自作物を探してみます。ユニットはmarkaudioのalpairがレンジが広くて良いとのこと。国産ではfostexの10cmのfe108-solが超高評価だが廃番でプレミアムが凄く手が出ません。結局バスレフ箱に入ったfostexのfe83-solをオクで購入。8cmは高音が素晴らしく女性ボーカルが最高らしいがどうかしら。

Img_20171128_202803

箱は4.3l、バスレフダクトの共振周波数が78hz程度でサイドがパイン集成材、他はラワン合板に桜の突板という洒落た仕様となっております。早速聞いてみます。評判通り高音がシャープで女性ボーカルやシンバル、管楽器のリアリティーが凄い。ちょっとやばいぐらいです。まるで目の前で演奏されてるような錯覚を覚えます。完全にスピーカーが消える定位の良さといい凄い物を入手してしまいました。手持ちのジャズアルバムをひたすら聴き直す日々です。ただ現代楽器に滅法弱いのと低音が殆ど出ないという癖のあるスピーカーでして、ポップスは諦め掛けてます。。。低音はバックロードホーンの箱を調達しようかと思ってましたが、、、yst-sw45というヤマハのサブウーファー入れちゃいました。。。ユニットが100hz〜なのでここでクロスさせてます。ダクトは78hzなのですがユニットとつなげたほうが自然に聞こえました。で、サブウーファーの音量は一目盛り位と控えめですがこれでかなり完成度高い音場が得られました。ちょっとこの高解像度のクリアーなサウンドを知ってしまうとこれまでつかってたsx-f3には戻れませんね〜。いやードライバーメーカーが本気で作った小径ユニットって凄いですね〜。お勧めです!

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/34095948

フルレンジスピーカーfostex fe83-solを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿