Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« poormans smartphone導入~ | メイン | Rodeo King練習動画~。 »

2012年11月18日 (日)

DTIのSIMでIP電話にチャレンジ

一昨日いった博多の居酒屋よかった~。九州満喫コースで全県のうまいもんを制覇しました。

DTIの格安sim、ServersMan SIM 3G 100(100kbps)、その後ラジコやラジルラジル等のラジオアプリを試しましたがどうも苦しいようです。ブラウザはopera mini nextが快速でよかった。あとPOID君意外と落ちない、等々格安スマホ生活を満喫しております。

で、DTIのSIMでIP電話にチャレンジです。

スマホだとラインとか無料のIP電話サービスが色々ありますが、050番号がもらえるということでFusionのIP電話サービスIP-Phone SMARTに申し込んでみました。これがつながればfusionは基本料無料なのでDTIsimの月々490円で電話番号がモテることになります。通話料金はどこにかけても8.4円/30秒。

fusionではsip電話アプリは供給していませんのでネットで電池持ちが良いと評判のchiffonをインストール。fusionから頂いた設定を入力。申し込みから20分程度で開通しました。

色々試した結果、DTIのsimとChiffonの組み合わせでは発信はOKだが受信がNGとなりました。発信では多少の遅延はあるものの通話可能。受信では携帯からでも固定からでも相手の音声がブツブツ切れてしまいます。wifi環境とか100kbpsの制限を解除した3G unlimitedモード(3G回線の速度になるオプションサービス:100MB/260円:残量は6か月間有効)では問題ないのですが。。。発信が問題ないだけに謎は残ります。なんとかならんものか???通話アプリの問題か?

 

まあとりあえず緊急連絡用としてはこれでどこにでもかけれるのでとりあえずOKとしましょう。。。と締まりのないお話でございました。

P.S.その後ネットで色々調べるとどうもsipフォンアプリ(chiffon)側の問題のよう。Zoiper IAX and SIP Softphoneでぶつぎれが解消されるとのことでしたのでよすけも早速導入。なんとぶつぎれ解消です。これで490円/月でのpoormans smartphone作戦完了かも~

P.S. Zoiper IAX and SIP Softphoneは電池の消耗が激し過ぎで使えませんでした(keepaliveオフでも)。とほほ。。。

で、Chiffonのコーデックの設定をspeexとgsm、ilbcのみにしたら受信のブツギレがない!とりあえずこの設定で数日様子みてみます~。

IP電話も奥が深いっす。。。

☆12/9追記

・codecをspeex8khzのみに変更

・スマホの電源オンでchiffonが自動起動しない問題

  →chiffonをSDに移さず本体に残すと自動で起動することが判明。

・P-01Dで通話後chiffonの画面が真っ暗になる問題

  →P-01Dの近接センサーの値がおかしいらしく近接センサーを指でかくしてやると画面表示が戻ります。chiffonのAPIをいじってこの問題を回避されている猛者の方もいるようです。とりあえずよすけはそのまま使ってます。

☆12/15追記

・ガラケーのパケホーダイとメールサービスを解約。これで通信費はガラケー1000円、スマホ490円の計1500円ぐらいに収まりました。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/30318501

DTIのSIMでIP電話にチャレンジを参照しているブログ:

コメント

どうも初めまして。
DTIの100KSIMとFusionの組み合わせについて
調べてたら検索で引っかかったので見ていたのですが
DTIの100KSIMって深夜以外は20~30Kbpsぐらいしか
速度が出ないという評判が上がってますが、
その設定で平日の日中でも
ブツギレがなかったりするのでしょうか?

☆bobcoffeeさん

はじめまして。現在はspeex8khzのみにしています(十分クリアな音質です)。試している範囲ではブツギレは無いですね。今度平日の昼間に速度が低下している状態で試してみます。

コメントを投稿