Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2010年11月 | メイン | 2011年1月 »

2010年12月

2010年12月31日 (金)

雪遊び

あと数時間で2011年です!2010年は皆様お世話になりました。2011年もヨロシクです~♪

で、雪遊びです。

Sdsc02137

月曜に降った雪がまだ庭に残ってましたのでみーちゃん、ヒッキーと半分凍った雪の塊を使って雪(氷?)の彫刻らしきものを作ってみました。左上の亀はみーちゃん作、右上の犬と左下の葉っぱはヒッキー作、縁起物のウサギ?はよすけ作でございます。

なぜか子供たちの作品のほうが大人っぽくてよすけのが幼稚園レベルというできとあいなりました。特に中学で美術部に入ったみーちゃん、貫禄の作品です。よすけも見習いたいっす。

今年はシカゴのナイスなBluesマン、Carlos Johnsonの演奏を聴きながら新年を迎えさせていただきます。みなさんよいお年Wo!

2010年12月26日 (日)

Casinoプチ改造3

今朝からここ福岡は大雪。テニスしながらコートがどんどん白くなっていって最後は滑りまくりでございました。

Sdsc02122 でCasinoプチ改造3です(写真は改造後)。

よすけのカジノは1990年製の下倉楽器企画のCasino Vintage(シモカジ)ですがトラスロッドを収めているロッドカバーのEマークがみょうにずんぐりしていて日本製カジノに対するUSAギブソン社の嫌がらせか?といった感じでした。

まあ気に入らないならDIYやね~っと改造を決意。

Sdsc02120 ネットでUSAカジノの写真を収集し、いつものベジエ曲線でトレースして下絵を作成。これを近所のホームセンターで購入したカッティングシートの下絵にしてデザインカッターでさくさくくり貫いていきます。

(左の写真の元のEマークはなんかうっすらした塗装で形もいまいち。。。)

で元のマークをママさんのマニキュアリムーバーできれいにふき取りカッティングシートを貼り付けたら完成っす。

なんか一瞬でできた割にはなかなかの完成度で大満足のよすけでございました。

今後の予定:ロッドカバーを3点止めから2点止めへ変更、ヘッドのEpiphoneロゴのiの点を離す、ラッカーにクラック入れる(真冬に外に持っていってもクラック入りませんでした。。。やはり冷却スプレーしかないか?)、PUを色々試す(これもカバーの関係でほとんど合わないらしい。。。)等々盛りだくさんです~。

2010年12月23日 (木)

Bluesの歌詞って面白い

今年もあとわずか。。。

でBluesの歌詞って面白いです。最近またBB KingのLive at the Regalにはまってよく聴いてます。よすけは英語の歌詞の場合ほとんど歌詞の意味は理解せずに聴いてますが、このアルバムの中のHow  Blue can you getでなにやらBBのぼやき節らしきのが聞き取れます。下のyoutubeの2:36あたりからなにやらぼやいてます。

な~んか気になる。 ということで調べてみました。まずタイトルですが

How blue can you get(どんだけあんたは俺をブルーにさせることができるのよ)

歌詞は

I gave you a brand new Ford(男:新車のフォードをあげるよ)
and you just said I want a Cadillac(女:キャデラックがよかったわ)

I bought you a ten dollar dinner(男:10ドル:当時3600円、のディナーだぜ~)
You said Thanks for the snack(女:スナックをありがとう)

I let you live in my penthouse(男:あんたを豪華な部屋に住まわせるぜ)
You said it was just a shack(女:掘っ立て小屋ね~)

I gave you seven children(男:がはは、子供を7人つくってやっただろう)
and now you wanna give 'em back(女:みんなあんたが引き取ってよ)

と、まあ散々です。よくよく聴いてみるとBluesの歌詞ってこんなのばっかりだったりして。。。

まあいくらがんばってもうまくいかないからBluesになるのかしら。。。と妙に納得のよすけでした~(笑)。

2010年12月11日 (土)

自転車メンテナンス~

寒くなってきましたね~。

で、自転車メンテナンス~です。よすけは今の山岳地帯の家に越してきていらい自転車はほとんど乗らなくなってしまいました。で、西日の当たる屋外に7年ぐらい放置された自転車というと。。。

ほとんど干からびて錆びた干物って感じの状態。イチバン最悪なのはシフトのチューブがひび割れて中からワイヤーはみだしてましてシフトチェンジ不可という点っす。もはや単なる粗大ゴミと化してます。なにげにネットを見てますとこのシフトチューブって交換可能らしい。早速近所のスポーツショップのサイクリングコーナーでシフトアウターチューブ(2m:500円ぐらい)を買ってきて交換してみます。Sdsc02097

青いのが交換したチューブ。交換方法は所定の長さにチューブを切断。ギアのところのワイヤーを外して古いチューブを抜きます。でワイヤーを新しいチューブに通して(この時チューブに油を刺した方がいいらしい)、ワイヤーを戻しワイヤーを再度取り付けてシフト量を調整ってな感じです。途中ワイヤのささくれが手に刺さって痛かった。。。本来はワイヤも交換すべきでしょう。

結果シフト復活、近所を試し乗りしてみましたが快調でございます。

しかしこのサビも気になります。サビ取りいってみましょう!

Sdsc02098 まずは100均で売ってるサビ取り消しゴムです。なんかかるーくこするだけでどんどん取れていきます。感動です。これはお勧め。







Sdsc02099 次はワイヤーがついたサビ取りブレード(これも100均)。これをドライバードリルにとりつけてサビにあててみます。これもとれますがある程度広い所は消しゴムのほうがよさそうです。こちらは細かい所や凹凸のあるところに威力を発揮してくれました。








Sdsc02101
仕上がりはこんな感じです~。サビ取りしたところはまたすぐさびが出るので機械油を満遍なく塗ってフィニッシュでございます。粗大ゴミが普通の自転車によみがえりましたね~。
あとタイヤのバルブも劣化して空気入れてもまったく入らない状態でしたのでこれも100均の虫ゴムで補修。

ふぅ~、疲れました~。

2010年12月 4日 (土)

おしゃれギタリスト2人の華麗なるバッキング

本日は出勤でした。。。課題山積みです。。。

で、おしゃれギタリスト2人の華麗なるバッキングでございます。MARLENA SHAW の1974年のアルバム「WHO IS THIS BITCH, ANYWAY? 」でラリーカールトン大先生とデビッドTウオーカー教授が競演されております。聴く前からどきどきする組み合わせです。

1曲目のSTREET WALKING WOMAN お聴きください~。

やばすぎです。バッキングでこんなに緊張感高めてよいのでしょうか(笑)ってなぐらいのテンションでバキバキに二人とも弾きまくってます。よすけ1Rノックダウンでございました。しかし左右どちらがラリカル、デビティーなのかは判別つきません(泣)。

こんなのライブで聴いてみたいっす。