Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« CHIHANA and 町田謙介Live at Cafe Bambino筑紫野 | メイン | Casinoプチ改造 »

2010年10月30日 (土)

Casino色々

明日はテニスの団体戦(先週雨で順延)。しかしまたしても天気予報は雨。。。

で、Casino色々です。先日よすけが購入したCasinoは下倉楽器企画の寺田製Casino VintageですがこれってCasinoの中ではどういう位置づけなんでしょう。

ということでネットで色々しらべてみました。Casinoってのは通称で正式名称はE-230TDというらしいです。1961年から作られてたそうでGibsonのES-335のセンターブロックを外してP-90つけたような構造が特徴。

S61161年~63年ぐらいまではこんな感じのデカヘッドがついてましてポールマッカートニーはこのタイプ(61年)を使ってたみたい。61年はポジションマークがドットですが途中からはひし形に変わってます。基本はマホネック、メイプル合板ボディー、16Fジョイント

S65x 64年~67年ぐらいまではこんな感じ。ヘッドのペグ側に面取りがあります。よすけのCasinoはここら辺 のコピーでしょう。

ジョージハリスンが64年、ジョンレノンが65年製を使ってるとのこと。

S6868年~69年はネックジョイントが浅くなってます。 (19Fジョイント)これも弾きやすそうでよさげです。(ここまでがUSA製)                               

70年~80年は日本ギブソン(マツモク製:ブルーラベル)、80年~87年は荒井貿易(マツモク製:ベージュラベル)←メイプルネック16Fジョイント、87~97年は寺田製オレンジラベル17Fジョイントマホネック、98年~韓国製、2005年~中国製と移っていったみたいっす。国産のブルー、ベージュラベルにはライニングが入っていないという噂がありますがどうなんでしょう?

USAはビンテージギターということになります。塗装はラッカー。

日本、韓国、中国製は塗装がポリ。現在のレギュラーモデルのトップに日本製の1965elitistというのがありますがなぜかこれのヘッドに面取りが無い(むちゃ萎えます)。。。面取りがあればめちゃ売れると思うんですがね~。

日本製でも以下はラッカー&16Fジョイント

Casino Vintage(シモカジ), With62, With64, 65JLCasino, JLレボリューション, LTD.ED.Casino LQ, BCCカジノ?

以上かな~り信憑性低いですがご参考まで~。

追記:ニャロメさんから61年製Casinoレプリカの情報が!

Spt_ca230sda 某サウンドハウスの某プレイテックのその名もCa-230です(意味深な名前です)。音もよさげですね~。

こちらはTAD三浦氏の驚愕のCasinoコレクション

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/25326427

Casino色々を参照しているブログ:

コメント

cat オコンバンワ !! 、よすけさん。

よすけさん、そうそう、カジノも歴史があるエレキなので、
調べて見ますと、なかなか面白いですよね~。wink
ポール・マッカートニー御大も、1本エレキを選ぶとなったら、
迷わずES 230-TDだねって言っておりました。good

よすけさん、プレイテックのカジノもどきも良い音していますよ。
センターブロックが入っているのでセミアコになっちゃいますが、
雰囲気だけは、カジノのアーリーイヤーズのモデル見たいです。
この雰囲気と音が良さそうでしたので、昔ニャロメは思わずポチリました。coldsweats01
ラージヘッドにホワイトボタンのペグ、
PUはドックイヤータイプのブラックカバー、
お好きな方には堪りませんって本当でした。(爆)bleah
このギターですニャン。
     ↓
http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=1318%5ECA230SB%5E%5E

塗装も綺麗ですし、使える音ですので今でも愛用しています。
そして何より値段が激安いですね。(驚き&笑)lovely

それから、倶楽部EPIPHONEなるサイトを見つけました。
              ↓
http://ameblo.jp/kamoneggy/page-5.html


それでは、おやすみニャさいませ~。 Zzz。。。

ご無沙汰してます!

カジノご購入されたんですね!
おめでとうございます!

カジノといえば、ジョン・レノンを連想しますが、

マジック・サム、オーティス・ラッシュ、バディ・ガイあたりのポストBBキングな人達が、ストラトと共に、エピフォンのセミアコを愛用していたイメージがあります!

☆ニャロメさん

私中学時代BeatleマニアでしたがCasinoなんてギターは知りませんでした。リッケンとホフナーは有名でしたけど。ポールお勧めのギターですよね~。

プレテク!あなどれませんね~。むっちゃ初期カジノではないですか。ニャロメさんお持ちとはすごすぎです。一度ニャロメさんのコレクション拝見させてくださいね~。

☆ごりさん

ありがとうございます~。毎日弾いたり磨いたり楽しんでおります。

おーエピフォンって本場のBluesマンにも大人気だったんですね~。よすけは博多のBluesマンの方のCasino保有率の高さでBlues用のギターと信じ込んでました~。

カジノに対する想い伝わりますね、よすけさん♪

次のLiveはカジノ弾かれるんですよね!

でも、本当に良い音します。

好みですよ~。

☆リュウさん

Casinoってストラトとかと違って楽器!って感じで可愛いっすよ~。音もBluesにぴったりです。

Liveの前にBluesバンド結成しないと。。。

ストラトやテレキャスなどソリッドギターは機能美というか工業品的いとおしさ・・・
セミアコやフルアコは工芸品的いとおしさですよね。
blues band組まれたら、いつかセッションに呼んでくださいね。


☆blues-boyさん

ストラトは適当に扱っても壊れませんが、セミアコはそうはできないオーラがありますよね~。
よすけのカジノはラッカーのウエザーチェックがまだ出てないので冷却スプレーかけたくなる欲求を押さえるのが大変っす(爆)。

コメントを投稿