Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2010年9月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月30日 (土)

Casino色々

明日はテニスの団体戦(先週雨で順延)。しかしまたしても天気予報は雨。。。

で、Casino色々です。先日よすけが購入したCasinoは下倉楽器企画の寺田製Casino VintageですがこれってCasinoの中ではどういう位置づけなんでしょう。

ということでネットで色々しらべてみました。Casinoってのは通称で正式名称はE-230TDというらしいです。1961年から作られてたそうでGibsonのES-335のセンターブロックを外してP-90つけたような構造が特徴。

S61161年~63年ぐらいまではこんな感じのデカヘッドがついてましてポールマッカートニーはこのタイプ(61年)を使ってたみたい。61年はポジションマークがドットですが途中からはひし形に変わってます。基本はマホネック、メイプル合板ボディー、16Fジョイント

S65x 64年~67年ぐらいまではこんな感じ。ヘッドのペグ側に面取りがあります。よすけのCasinoはここら辺 のコピーでしょう。

ジョージハリスンが64年、ジョンレノンが65年製を使ってるとのこと。

S6868年~69年はネックジョイントが浅くなってます。 (19Fジョイント)これも弾きやすそうでよさげです。(ここまでがUSA製)                               

70年~80年は日本ギブソン(マツモク製:ブルーラベル)、80年~87年は荒井貿易(マツモク製:ベージュラベル)←メイプルネック16Fジョイント、87~97年は寺田製オレンジラベル17Fジョイントマホネック、98年~韓国製、2005年~中国製と移っていったみたいっす。国産のブルー、ベージュラベルにはライニングが入っていないという噂がありますがどうなんでしょう?

USAはビンテージギターということになります。塗装はラッカー。

日本、韓国、中国製は塗装がポリ。現在のレギュラーモデルのトップに日本製の1965elitistというのがありますがなぜかこれのヘッドに面取りが無い(むちゃ萎えます)。。。面取りがあればめちゃ売れると思うんですがね~。

日本製でも以下はラッカー&16Fジョイント

Casino Vintage(シモカジ), With62, With64, 65JLCasino, JLレボリューション, LTD.ED.Casino LQ, BCCカジノ?

以上かな~り信憑性低いですがご参考まで~。

追記:ニャロメさんから61年製Casinoレプリカの情報が!

Spt_ca230sda 某サウンドハウスの某プレイテックのその名もCa-230です(意味深な名前です)。音もよさげですね~。

こちらはTAD三浦氏の驚愕のCasinoコレクション

2010年10月18日 (月)

CHIHANA and 町田謙介Live at Cafe Bambino筑紫野

40型TV購入~。超でかいです。ただもう慣れました。。。

で、CHIHANA and 町田謙介Live at Cafe Bambino筑紫野です。

よすけのお気に入りのGirl's Blues MusicianのCHIHANAがなんと九州にやってくるということで10/17福岡は筑紫野のTUTAYAに併設のCafe Bambinoでのインストアライブに参戦してきました。

昼の13:00からのスタートということで12:50頃につくとリハーサルの真っ最中。おーっつ、生CHIHANA発見です。なんというかオーラが漂ってます。リハ後に早速声を掛けさせて頂いて厚かましくCDにサインをお願いするとむっちゃ丁寧にサインしてくださるではないですか。

Sdsc01999t_2 ←心がこもってます!

今回オープニングは博多の誇る超強力コンビです。Blues Harpはナガサキスリムさん、ギターはハリケーン湯川さん!二人の弾き語りChicago Blues超最高でした。とくにいつもはバンド形式でやってらっしゃるハリケーンさんの弾き語りギターむっちゃかっこよすぎです。切れ味するどいリズムと渋いソロでぐいぐい盛り上げて頂きました。素晴らしい演奏でした!

筑紫野Cityが一瞬でChicagoのMaxwell streetになってしまったやばい動画はこちら↓

ハーモニーのギター欲しくなりました(爆)。

いよいよCHIHANA登場です!Sweet Nothingsから2曲、しぶーいブルースをかましてくださいました。今日はギターはドブロを使ってましたね~。ブラスのスライドバーからつむぎだされるサウンドでよすけ既にノックアウトっす。Voも独特の味があっていいんですよね~。

この後CHIHANA and 町田謙介で町田さんの日本語デルタブルースをがんがん演奏していただきました。町田さんってはじめてお聴きしたのですが、むちゃかっこいいです。CHIHANAもスライドでかぶせてきます。途中からここは筑紫野なのかミシシッピなのかわからなくなってきます。

筑紫野をDelta地帯に一瞬で変貌させたやばい動画はこちら↓

町田さんのフットストンプ超強力でした。ジョンリーもびっくりです。

ライブ後はCHIHANAさんとなんとルースターズのことやらサンハウスのこと(どうやらサンハウスの大フアンらしいっす。今度東京である鬼平祭りに出演される!とのこと)やら東京と福岡のBlues事情やらギターの話(もともとDobroを使ってて、その後神奈川のギターシェルターさんからRepublicギターのエンドースを受けたとのこと)やらで大盛り上がりでした。ChihanaさんTUTAYAのBluesCDを大量に買い込んでました。やっぱりBlues好きなんですね~。

13:00スタートで15:30ぐらいまでの長丁場ライブ皆さんお疲れ様でした。とっても素敵な時間を過ごさせていただきました。有難うございました~。ライブ企画していただきましたTUTAYAの店長様感謝です~。今後もよろしくです!

最後にルースターズの前身の人間クラブのVoでよすけも演奏した「どうしようもない恋の唄」の作詞もされた南浩二さんが9/10に亡くなられてたとCHIHANAさんからお聞きしました。ご冥福をお祈りします。

2010年10月15日 (金)

CASINOがやってきたヤァヤァヤァ!

Sdsc01986 最近古田史学九州王朝説にはまってま~す。

で、CASINOがやってきたヤァヤァヤァ!です。

え~、EPIPHONE CASINO購入しました!通称シモカジといわれるCasino Vintage(当時定価175,000円)でございます。90年製なので20年物。よすけの5本のギターって製造年が不思議と84~94年あたりの期間に集中しているんですよね~。

よすけがCasinoに興味をもったきっかけは数年前の第一回紫川Bluesフェスティバルです。このすばらしいブルフェスでなんと多くのblues manの方々がCasino(もしくはES-330)を弾いてらっしゃいました。そしてその音色のすばらしいこと!(ただみなさんのはVintageのUSA casinoでしょうが。。。)

P90とホロウボディーに魅せられたよすけはVintageは買えないので楽器店で韓国製のcasinoを試奏したりしてみましたがいまいちピンとこない。。。

ところが先日四角いベージュラベルの日本製の古~いcasinoを試奏する機会がありましてこの音色が素晴らしかった。もう買うか!ってな凄さがあったのですがフレット残りわずかなのとポリ塗装が浮き上がってまして泣く泣く諦めました。

やっぱ買うならラッカー塗装がいいな~、なんて妄想してましたがなかなか出ない。ところが先日オクで発見。これはもう行くっきゃないと即決価格で落とさせて頂きました。

今日届きましたがやっぱラッカーいいっす。味があります。あとコレクターの方の所有だったとのことでなんとフレットに使った形跡がない!!!のでございました。こういうのをデッドストックっていうのかしら。。。

金属部はかなりくすんでますがポリッシュ掛ければピカピカに復活するのではないでしょうか。

つーことで夜中なのでモニターSPにつないで小音量でしか音だししてませんがあま~い感じの音ですね~。明日のBlues Juniorでの音だしが楽しみです。

Beatlesでも練習するか(爆)。

2010年10月13日 (水)

むふふ

Sdsc01983 近所でヒッキーと栗拾いやってきました。大量ゲットでおいしく頂きました~。

で、むふふ、です~。なにやらやってます。ギタースタンドにTシャツの切れ端をまきつけてますね~。

週末が楽しみっす。

2010年10月 8日 (金)

どぶねずみLive at Sunrise Cafe つづき~。

水曜日はヒッキーの振替運動会でしたがヒッキー前日から高熱を出して不参加となりかわいそうでした。(現在回復しております)

で、どぶねずみLive at Sunrise Cafe つづき~。です。

このCover band eventでわれら「どぶねずみ」は4曲やりましたがよすけのあまりのへろへろな演奏のため残り2曲は無かった事にしようと心に決めておりました。がっ!スーパーギタリストmadaさんから覚悟を決めた(ろ?)との業務連絡が入りましたので公開させていただきます(一部編集有り:爆)。

サンハウスのキングスネークブルースのカバー

サンハウスのレモンティーのカバー

以上全部公開させていただきました。ご覧頂きました皆様ありがとうございました~。

リベンジしたいっす。

2010年10月 4日 (月)

どぶねずみLive at Sunrise Cafe

日曜日はあいにくの雨で小学校の運動会は延期となってしまいました。ママさんお弁当作ってたんですけどね~。

で、どぶねずみLive at Sunrise Cafeです。たくさんライブリポートの記事書いてきましたがまさか自分のライブ記事書く日がくるとは。。。

ということでライブやってきました。前日の練習前にドラムのnaraさんがぎっくり腰で急遽ダウン、代わりに急遽16歳!のやまちゃん(サンハウス知りませんでした)にIPODで曲を聴かせながらリハを行うという物凄い状態でしたが若さってのは凄いっす、あっという間に叩きこなしていきます。ということでよすけ、madaさん、シシャンは2回、もりちゃん、やまちゃんは練習1回という状況でライブ突入です。

当日リハに行ってみるとカバーバンド大会とはいってもまわりはセミプロの方々オンパレードでなんと福岡のBlues界のプリンス的存在のロケット副島さんもスタンバっておられます。この時点でよすけビビリまくってます。。。

リハ終わって佐賀からリンク先のBluesBoyさんがかけつけてくれましてデジカメ撮影をお願いしました。BBさん遠いところありがとうございました~!

ライブの方はシシャンの超人的Vo、madaさんのほれてまうやろ~と叫びたくなる華麗なギターワーク、moriちゃんのステディーなベース、やまちゃんの奇跡のドラムと完成度高かったのですが、よすけのギターがあちこちでリズムを見失って立ち往生という悲惨な状態でよすけにとっては物凄く悔いの残るステージでした。。。うーん、これが実力ってものなのね。。。。反省。。。

その他驚異のハードロックバンド、BlueHearts降臨バンド、むちゃかっこいいロックンロールバンド、これはプロ?というオールスターバンド等々すばらしいステージのオンパレードでございました。いやー凄かった。

ということで恥ずかしながら一夜限りのサンハウストリビュートバンド「どぶねずみ」の動画です。お手柔らかに~。(ストラトがよすけです)

サンハウスのふるさとのない人達のカバー

ザ・ルースターズのどうしようもない恋の唄のカバー

ライブにお誘いいただきましたスーパーギタリストmadaさん、すばらしいVoと色気で魅了してくれたシシャン、がっちりリズムを刻んでくれたもりちゃん、驚異のドラムを披露してくれたやまちゃん、この企画を提供していただきましたSunriseCafe様、当日お越しいただきましたBBさん、その他のお客様、すばらしい夜をどうもありがとうございました。

あとぎっくり腰で休養中のnaraさんムチャ残念でしたがどうぞ腰お大事にしてくださいね~。