Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2010年1月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月27日 (土)

サンハウス再結成ライブチケットゲット!

Sdsc01507 庭のイチゴの花が咲き始めました~。

で、サンハウス再結成ライブチケットゲット!です。

本日12:00にサンハウスのメッカ博多のジュークレコードにて5/22(土)福岡ドラムLOGOSのチケットを入手してきました。

サンハウスといえば1978年に解散した博多の伝説のロックバンドですがよすけは1983年のCrazy Diamondという再結成のライブアルバムが最初の出会いでした。その後1998年、2007年に再結成してますがどちらも情報を得られず見逃してまして、今回27年越しの待望の初ライブ参戦です!98年のライブDVDでその凄さは確認していますが生のライブはちょっと恐ろしいかも。

あと今日並んでた方達平均年齢ははるかによすけの年を上回っていましたので当日は博多の不良親父軍団が一同に介するのでしょうね~。楽しみっす!

SONHOUSE 35th ANNIVERSARY TOUR詳細

98年の復活ライブから キングスネークブルース

2010年2月26日 (金)

Citizen Quartz Diver(Cal.3802A) げっと~。

Sdsc01502 暖かくなってつくしがもう出てきてました。

で、Citizen Quartz Diver(Cal.3802A) げっと~です。急遽クオーツ欲しい病が発症したとお伝えしましたが、あっという間にゲットしてしまいました。

よすけの狙いはクラッシックな感じのダイバーだったのですがセイコーにはなかなかそういうのは無い。海外ではオメガにクオーツのシーマスターというのがありますがこれは中古でも超高いので却下。

でシチズンをみてみるとビンテージの復刻とかあります。新品で2マソぐらいだったのでもう買うか!ということまできてたのですが色々調べるとエコドライブ(ソーラー発電)らしい。パネルの劣化とか2次電池の過放電による劣化とかが気になるので断念です。

新品では普通の電池駆動のダイバーはないにゃ~と探索の舞台をヤフオクにチェンジ。色々みてると傷だらけですが短針が相撲の軍配の形で、更に秒針も長方形の夜光部をもつというビンテージスタイルのダイバーが出品されています。ベゼル径も堂々の40mmとgoodなサイズ。曜日が漢字の一、二、三、四、五、六、日というのも渋い。更にインデックスの夜光が最近の白ではなくなつかしの黄緑といなたい雰囲気満載です。

よっしゃ入札じゃーと最終日の終了2時間ぐらい前に入札。どこまで上がるかみてるとだれもいれてこない。

なんとそのまま落札です。このかっちょいいダイバーを英世さん2枚でゲットしてしまいました~!ヤフオクってこんなこともあるんですね~。やめられません。

Sdsc01506 こちらは裏蓋開けたとこです。さすがにクオーツのムーブはおもちゃみたいですね~。前回電池入れた方が左側の電池押さえをふんずけたまま(ねじを外さずに)蓋をしめてたので押さえが変形してましたので修正実施。

あと余り駒がついてたので一こま足しました。割りピンタイプなのでピンで突くだけで外れるので簡単に追加できました。このこま一見すると無垢に見えますが巻き板なのですね~。よく出来てます。

ネットで探してもこのモデルまったく見つけることが出来ませんでしたが電池交換の日付やシリアルから1991年のモデルかしらと思ってます。

そろそろ時計も打ち止めかな~。

2010年2月20日 (土)

クオーツが欲しい。

S1stdiver 2年生のヒッキーが縄跳びの2重飛びができるようになったということで一緒にやってみるとよすけも10回ぐらいできましてなかなかやるなと自画自賛です(爆)。

で、クオーツが欲しい、です。セイコーファイブに始まった機械式時計熱はいまだ冷めやらずって感じなのですが機械式時計の苦手なシチュエーションがあることが気になり始めました。

機械式時計は中に振り子(テンプ)や歯車がぎっしりとつまっているので衝撃や振動は厳禁なのです。時計をはめる生活に慣れると時計が無いと妙に腕がさびしい。よすけは週一テニスをやっていますがさすがに機械式はやめとこうと。あと原付の振動も危険かも。。。で、クオーツの時計が欲しいとなったわけです。

クオーツだとダイバーウオッチあたりがいいかも~っと色々調査開始。セイコーとかシチズンとかから色々出てるみたいです。しかしなんかキネティックやらエコドライブやらパーペチュアルカレンダーやらの怪しい言葉が。。。

どうやら普通に電池いれて動くだけの時計って既に売ってないんですね~。よすけは新しい機能は信じられませんので中古を探すことにします。しかしヤフオクでは80年代のセイコーの7548-7000とか軽く1万円超えていきます。どうやらベゼル径が42mmとでかいのが人気の秘密のようです。いろいろ見てると写真のようなビンテージダイバーのデザイン(写真はセイコーの自動巻きの1stダイバー)が魅力的に見えてきました。

でビンテージかどうがわかりませんが、あるぼろぼろの時計が目に入りましてとりあえず入札。どこまであがるかな~っとみてると、、、

なんと!!!誰も入札してきませんでした(笑)。というわけではやくこないかな~。

2010年2月11日 (木)

山スコが大変なことに。。。

Sdsc01493 最近職場の機械の調子が絶不調で精神的にきているよすけです。

で、山スコが大変なことに。。。です。山弦ファンなら誰もがもってると思ってたこの山スコ(山弦のスコアとDVDのセット本)ですがなんと既に絶版になってるらしく友人のSの情報では中古価格がとんでもないことになってるとのこと。

で早速amazonで中古の値段を見てみると

ぎょえー!!!

  「¥31,999より」

というものスゴい値段で出品されてます。この山スコの最後のページには楽譜1000円+DVD2900円で3900円となってます。ほとんどの方は楽譜が欲しくて買うのでしょうから楽譜のプレミア3200%ってとこでしょうか。。。ヤフオクも見てみましたがこちらも25000円とかで出品されたりしてます。

そのうち復刻されて暴落ってなことになるのでしょうが、よすけのこの本あまりの弾けなさにほとんど使ってないので新品同様なのです。いまが売り時という悪魔のささやきが聴こえますね~(笑)。

現在練習中の祇園の恋です。しぶいですね~。

2010年2月 6日 (土)

TECHNOSジャルダンのベルト交換

Sdsc01485 マイコーりょうの影響でムーンウオークの練習にいそしむ今日この頃。

で、TECHNOSジャルダンのベルト交換です。骨董マニアのMさんから頂いたこの70’Sテクノスのジャルダン君、オリジナルのベルトではなく代わりにテクノスの金属ベルトを加工したものが付いていました。

それはそれでよかったのですが加工跡が痛々しいのとちょっとおしゃれ度が強すぎということでつける機会がなくもったいない。そこでベルト交換を妄想し始めました。

ダイアルが黒ということで黒いベルトが合いそうですがベルトの取り付け部の幅が16mmと細い割りにベルトとなじむ部分の幅が22mmと広いので普通のベルトは合いません。で、色々探すとダイバーズウオッチの交換用ベルトで時計の取り付け部が色々な幅に対応しているものを発見、このおしゃれ時計に無骨なダイバー用ベルトが合うか不安だったのですが値段も安かったので購入してみました。

で、結果は写真の通りですが無茶かっちょよくなってしまいました(笑)。レトロな70’Sの雰囲気が少し薄れてモダーンな感じです。やはりダイヤルの色が黒なのでベルトの黒と合いますね~。ノーマル時計とダイバーズベルトの組み合わせもなかなかイケるという新発見でございました。

これからジャルダン君大活躍しそうですよ~。