Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« Hey Vibe(改)の音源 | メイン | 久留米Blues Festival at 六角堂 »

2009年5月 9日 (土)

Hey Vibeの回路

Sheyvibe 今日は暑かった。。。

で、Hey Vibeのレイアウトから回路図を起こしたのでこれを元にユニバイブ系エフェクタのHey Vibe(Easy Vibe)について勉強してみました。

いったいユニバイブとはなんなのか?コーラスモードとは?ビブラートモードとは?などなど疑問は尽きませんね~。

                                        

Spreamp これはプリアンプ部。TL064のオペアンプを一つつかって反転増幅回路を組んである。Volの抵抗と47kの合計を100kで割った値が増幅度。1nFはカップリングコンデンサで不要な直流成分をカット。ってな感じでしょうか。
 

Sphaseshifter つづいて位相シフター部。増幅はしないがCDS(ランプの光量で抵抗値が変化する素子)の抵抗RとC(15nF)で決まる中心周波数=1/(2PICR)の位相が90度遅れる。これより低い周波数の遅れは90度より少なく、これより高い周波数の遅れは90度より多くなる。これを4段構成することで位相は4倍遅れることになり位相シフターの中心周波数では原音とあわせると波が重なりあり音量が2倍になりその他の周波数では増幅したり打ち消しあったりという効果が生まれる。で、ユニバイブ系ではここのRをランプ光量によって変化させ中心周波数を変化させます。また初段のCは15nFですが2~4段ではそれぞれ220nF、470pF、4.7nFと違う値となっておりややこしいっす(通常のフェイザーはこのCの値は4段とも同じ)。これがユニバイブのエグさを出しているという説もあり。

Slfo 次はLFO(Low Frequency Oscillator:低周波発生器)です。ここではオペアンプ2個使って低周波の波形を発生させます。ダイオードがクリッパっぽく組んであるのでsinでは無い波形かもしれませんね~。この波形でランプを駆動することで周期的なうねりのあるサウンドができるという次第。

S ランプドライバですね~。ここでLEDの光量を調整です。ここの先にLEDが4つぶら下がっています。LEDの光量を上げ下げするとCDSの抵抗が変化して位相シフターの中心周波数が変化するので音質調整的な役割になりますかね~。ON/OFF確認用のLEDもこの出力にパラに組んでやればよくある周波数と同期して点滅するっつ~ことができます。が!青色だと閾値電圧が高いので点灯できませんでした。多分赤の2Vタイプとかだといいんじゃないかと思います。

Soutputmixer 最後はoutputミキサーです。Chorusモードでは原音と位相シフターの音を抵抗10kを両方につけて(ユニバイブでは両方100k)ミックスした音というのがわかりますね~。こちらは原音がはっきり分かるさわやか系の音になります。で問題はVibeモードです。ユニバイブでは原音側に250kΩ、位相シフト側に47kΩとバランスをウエット側に振ることでビブラートモードを作っているのですが、このミキサーでは位相シフター(ウエット)の音とCDS側のラインがミックスするようになってます。が、いまいち意味がわかってません。ユニバイブで原音側に250k入れてるというのはほとんど音量としては無いのかもしれません。そうするとウエット+アルファのこのvib回路の意味があるのかも。ただ断然こちらのモードではエグイビブラートがかかるのと原音がミックスしてない分音質も結構変わる特徴があるんですよね~。

と以上つらつらと書いてみましたがほとんど妄想レベルで理解してない状態ですのであまり信用しないでくださいね~。回路図も正確かどうかは保証できませんのでよろしくおねがいします。あとここはこうだよとかあれば教えてくださいね~。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/19670099

Hey Vibeの回路を参照しているブログ:

コメント

今来てます
どこにいますか?

☆いぬのさんぽさん

今日は楽しかったですね~。お疲れ様でした。
またよろしくっす!

TPUKUS様
突然コメントからすいません。
私もheyvibe自作しており、ブログ参考にさせていただいております。ためになるブログ本当にありがとうございます。

自作初心者なのですが揺れにあわせてled点滅改造をしたいと思いこちらの記事を読ませていただいたのですが、初心者のため理解できないの勝手ながら聞きたいことがあります。

出力からパラってledにつなげば点滅ということを書かれていますが出力というのはレゾナンス抵抗器の1番でしょうか?(バンパーさんのレイアウトで言うとレゾナンス抵抗器
の右のピンで、オペアンの6.7番に行ってるピンです。)

もしお時間に余裕ありましたら、yes noで良いので教えていただけないでしょうか?


もし気に障りましたら無視してください。


☆nagoyanさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

だいぶ昔の記事ですのであまり覚えていないのですが、4つのCDS駆動用のLEDにパラにつなぐ意味だったと思います。(シリアルだと電圧を食ってしまうので)。よろしくです~。

お忙しいなかご返信ありがとうございます。

また結果報告しますね。

ほんとうにありがとうございました。

よすけ様
こんにちわ。
先日はありがとうございました。
結局、製作過程で失敗して音が出ず、2枚目の基板を
作り直しなんとか成功したという状態でした。
点滅ですが
一応接点を探ったんですが完全に音の揺れと点滅が一致してるところを見つけられなかったのもありましてあきらめました。1枚目の基板が失敗が響いて音がなるだけで満足してしまったというのもありまして。

ところでヘイバイブってなんか物足りない感じしませんでしたか?そこそこエフェクト効果がかかるけどエフェクトの線が細いというか、えぐさにパンチがないというか。いい音なんですが やはりオリジナルにはかなわないんですかね。
ソウルバイブと比べてどうでしょう?
私はdejavibeを買おうかどうか迷っておりますが
とりあえずコンデンサーを交換できるように作ったんで
定数を変更して迫力をだせるように改造してみたいと思います。

動画をあげるのでお時間あれば観に来てください。
またリンク先は連絡致します。

長文で失礼しました。


ありがとうございました。

☆nagoyanさん

確かにこいつはあまり迫力ありません。soulvibeのほうがエグイです。ただ本家はランプ式なのでやはりdejaとかvoodooあたりが近いのかもですね。

色々検討していい音出してくださいね。

コメントを投稿