Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« Hey Vibe(改)完成! | メイン | Hey Vibe(改)の音源 »

2009年5月 3日 (日)

FOOT CONTROL増設

今日は呼子にいってきました。イカの活き造りの河太郎に10時頃つくと既に100人ぐらいの行列。。。1時間半待ちでしたが、イカのうまさで疲れもふっとびました。

でFOOT CONTROL増設です。HeyVibe(改)は最高のユニバイブサウンドを聴かせてくれるのですがJimiの曲をやってるとJimiのように感情の赴くままに揺れのスピードをコントロールしたい欲求がふつふつと沸きあがってきます。やはりスピードつまみを大きくしても弾きながらのコントロールは困難です。ちょうど手持ちでBOSSのEV-5(フットペダル)があまってましてこれを使えるように早速改造スタートっす。

Sdsc00798 HeyVibeのspeedのpotは100KΩですがEV-5は10KΩと可変幅が小さいのでPot交換が必要です。内部の動作を見るとリンクでシャフトを回しているようですがなんと回転角が100度ぐらいとめちゃ小さいことがわかりました。通常のpotは300度ぐらい回転するので100kΩの3倍の300kのpotが必要です(しかもロングシャフト)。しかーし、そんなpotはありましぇん。そこで250kΩのノーマルシャフトのpotを写真のように無理やり挿入。これで多少可変幅が狭くなるもののそこそこの値(80kΩ)を確保します。

つぎは本体側にペダル用のステレオジャックをつける必要がありますがスペースがまったく無い!そこで電池駆動をあきらめDCジャックオンリーとすることで電池のスペースにステレオジャックと、つまみ⇔フットコントロールの切り替えSWをつけます。あとついでにLEDも追加。

Sdsc00819 これでばっちり(写真)と思いきやなんと揺れなくなってしまいました。。。。

色々調べると電池駆動(8.5V)だと揺れるがBOSSのACアダプタ(9.7V)だと揺れないことが判明。試しに電源のラインに220Ωの抵抗かまして6.6Vぐらいにするとちゃんと揺れます。急遽22Ωの抵抗を近所のハンズマンで買ってきて9.3Vまで落とすとOKでした。他のサイトでも12Vで揺れなかったが9VだとOKだったとの記事がありましたがどーもどっかの部分が電圧高すぎると機能しなくなるようです。

しかし肝心のFOOT CONTROLが効かない。。。

ケースから基板を取り出すと効くのですがケースに入れるとダメ。よくよく考えるとEV-5のステレオピンのスリーブ部分はGndではないのですがSTジャック側がケースに落ちているのでGndレベルになってショートしていたのでした。これの対策は結構やっかいで、穴を再度拡大し穴のエッジに接着剤を塗布し絶縁、表面と裏面も絶縁を施します。Gndとの抵抗を測定し、なんとか絶縁確保を確認。これで最終確認をすると揺れOK!念願のFOOT CONTROLの増設完了です。

弾いてみた感想は、いやーいいですね~、最高!やっぱユニバイブにはFOOT CONTROL合います。気分はJimiでございます。

あとEV-5のミニマムVol(0~50kΩ)を調整すると揺れのスピードコントロールのバイアス値が変化して全体的に速めとか全体的に遅めとかが設定できてこれも便利だったりします。超力技での改造でしたが最終的には納得の仕上がりで大満足のよすけでした。市販のユニバイブクローンペダルでもフットコントロール端子が無い場合は今回の記事が多少参考になるかもですね~。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/19587425

FOOT CONTROL増設を参照しているブログ:

コメント

すごい!good
よすけさん、工夫するのが上手ですね!非常に参考になりました!

以前DCジャックを付けたら、使えなかったことがありました・・

金属製のジャックなので、電源がグランドに短絡したんだろうと思います。それからはDC用にはプラスティック製のジャックを使っています。

プラスティック製のフォンジャックってのもありますが、状況によってはそういうのを上手に使うとよさそうですね。

使っていない、BOSSの大きなボリュームペダルを、私も持っています。中に何か回路組み込もうかな~。

cat オコンニチワ !! 、よすけさん。

よすけさん、さすがですニャン !!  good wink

やはりユニヴァイブにはフットコントロールがないと、
とても味気ないですものね~。
これで思いっきりジミヘンに成りきれますね。 lovely

イカもしばらく食べていないので、
近い内に、イカリングのフライを作って見ようと思います。
イカのフライは揚げる時に油が凄い跳ねるので、
かなりの度胸と覚悟が必要ですニャン !! (笑) coldsweats01

今回も動画を載せさせて頂きました。
よすけさんは既にご存知かもしれませんが、
ミア・ダイソンさんと言う、超美形の女性ギタリストです。heart02 lovely
クラプトン御大や、ジョー・コッカーのサポートを勤めて、
一躍大注目を集めた素晴らしいギタリストです。
ボーカルもボニー・レイット大姐御を彷彿とさせる、
とても素晴らしい物があります。 good

☆JAKEさん

大した工夫ないのですよ、ほとんど力技だったりして。。。
ケースのショート対策のフォンジャックはあるんですね~(汗)。カホ無線でこんど探してみます。

>使っていない、BOSSの大きなボリュームペダル
うーんおいしそうな素材ですね~。Vibeいきましょう!ただギア比とかリンクの構造で結構苦労しましたのでここらへんがキモかもです。

☆ニャロメさん

今回結構てこずりました。しかしできには満足ですよ~!
まだCDSを使ったフォトカプラを作ってないのでしばらく遊べそうです。

ミアさんかっちょいいですね。ギターも歌も最高って感じです。ありがとうございます!

こんばんは~

すごい本格化してますね~。
足元でコントロールできると、気分も盛り上がりますね。

私もよすけさんと同じヴォリュームペダル持ってたんですが、ゼンゼン使ってなかったので、人に貸したままサヨナラ状態になっちゃってます。・・・あったとしてもここまでの改造ができるかどうかわかりませんが・・・

☆ごりさん

ふつーにコーラス/ビブラートとして使う分にはいいんですけど、マシンガンや星条旗みたいに盛り上げ系の曲やるときにはやっぱペダルがよいですね~。

>私もよすけさんと同じヴォリュームペダル持ってたんですが
EV-5ってマルチとか使わない限り必要ないですよね~。今回やっと常駐機材として生まれ変わりました(笑)。

河太郎は一番人気ですもんね。
1時間半待ち!!!・・・お疲れ様でした。
GW・・・終わりかけていますが、市内から出てません・・・

スピードペダルの完成おめでとうございます、これでヘンドリックススタイルの完成ですね~、ところで電源のヴォルテージで動作が変わるとはなかなかミステリアスな回路なんですね、回路図がないとなんともいえないのですが、AC駆動なら本来のオペアンプ駆動のプラス10V、マイナス10Vの両電源という使い方が安定で効果も深くなるかもしれませんね。

私やニャロメさんの愛機ではバイアスとシンメトリーとインテンシティーで全てのスイープが変えられるので私のようなオタッキーにはたまらないのですが難点は、コーラスモードでインテンシーが最大だと掛りが深すぎて少し音程感が無くなることです。基板上にトリマが2つありましてオシロで効果最大になるようにいじってありますのでウッドストックでのサウンドだとインテンシは70%くらいで同等になります。あと凄い効果の物としましてはミュートロンのバイフェイズやTCエレクトニクスのが掛かりが深いようです。

スピードペダル連続可変良いですね~キャノンの4芯を利用してレイトとシンメトリを別々でコントロールできたら、、、と想像が膨らみます。でも機構部品が大変です。

☆BluesBoyさん

私達のすぐ後には4時間待ちになってました。。。あと帰るとき反対車線は呼子から唐津まで車が渋滞してました。GWって恐ろしいですね~。渋滞しない所にでかけましょう!

☆Castmanさん

ありがとうございます~。やっと完成?しました。
レイアウトから起こしたHeyVibeの回路図はこれです。
http://www1.bbiq.jp/tpuku/samplesound/HeyVibe-schematic.jpg
あとこれの元ねたのeasyvibeの回路図はこちら
http://www.hollis.co.uk/john/easyvibe.jpg
プラマイで駆動ってのもやってみたいですね~。VooDooVibeは色々コントロールが効いてよさげですね。やり方わかったら取り入れてみたいです。

>でも機構部品が大変です。
そーなんですよね。機構部品は仕事ではCADで設計して作ってもらってますが自分用となると採算がとれないので汎用品でなんとかしないとですね~、つらいところです。

コメントを投稿