Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« Blues Juniorの回路 | メイン | ’69ペダルのコンデンサを替えてみました。 »

2009年3月17日 (火)

真空管のお勉強

Sdsc00732 春ですね~。

というわけでBluesJuniorの回路図見ながら真空管のお勉強をしてみました。

まずプリ管の12AX7ですがこれ双3極管といいましてなんと1本にトランジスタのような働きをする素子が2個も入っているというお得な物らしいです。

でトランジスタでいうコレクタ、ベース、エミッタと同様の働きをするプレート、グリッド、カソードというのが真空管には入ってまして、トランジスタではベースへの入力信号でコレクタ-エミッタ間を増幅するように、真空管増幅回路ではグリッドへの入力信号でプレート-カソード間を増幅するといったあんばいらしいっす(シングル増幅)。

BluesJuniorでは12AX7を3本使っているので計6個の増幅素子があることになりますが、このうち3個をシングル増幅に使ってるみたいです。初段後にVol、2段目後にトーン、FAT回路、3段目の後ろにリバーブが付いてます。ここまでがプリアンプか?

で、その後はパワー段ですがマスターVol、プッシュプル用の位相反転波形をつくる12AX7のフェイズインバーター(素子2個使用)、EL84(5極管)のプッシュプル(EL84を2本使用:17Wぐらいまで増幅できるらしい)と続きスピーカ出力の一部をネガティブフィードバックでマスターVolの後ろまで戻して増幅を安定させているといった感じの回路のようです。このフィードバックの部分を可変にしたのが他のギターアンプでいうところのプレゼンス回路だったりします(BluesJuniorは固定)。ふぅ~。

プリアンプはシングル駆動でA級、パワー段はプッシュプルでB級ってことになるんですかね~。

ここまできて12AX7の6個の素子のうち5個しか使ってないことに気づきました。なんと一個あまってたのですね~。もったいないので将来プリの4段目を増設してもよいかもかもなんて妄想が膨らんでおります。

ちなみに上の説明は間違い多数と思われますので参考にしないでくださいね~(爆)。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/18932275

真空管のお勉強を参照しているブログ:

コメント

今晩は!
遂に真空管まで・・・・達しましたか!
そのうち、よすけさん名義のBlues専用Ampが出来たりして(笑)
これからのレポ、楽しみにしてますね~。

cat オコンニチワ !! 、よすけさん。

今度は真空管お勉強ですね。

ニャロメは詳しい事は判りませんが、
ヨーロッパの真空管は音が大人しいらしいですね。
ニャロメの拙い知識では、真空管を変えると、
音が変わると言う事しか判りませんですニャン。(大汗)coldsweats01

追伸

娘さんのお身体の具合は如何ですか??。
早く良くなると良いですね。cat

☆リュウさん

きましたよ~、回路図見てると色々できそうな気がしてきますね。
オリジナルアンプってのもいつかはいいですね~。

☆ニャロメさん

ヨーロッパはやはり大人の香りですか。近所の電子部品屋にいっぱい真空管がころがってるのでいつかテストしてみたいです。
ただFenderのサイトですべてのアンプの回路図が公開されてるので各アンプのトーン定数なんかをいじるのも楽しいかもです。

娘のヨウレン菌はよくなったのですがなんと昨日からB型インフルエンザにかかってしまってまたまたお休み中なのです。不憫でございます。

こんばんは。

PCのHDDがクラッシュしてしまい、修理に奔走しておりました。
新しいHDD調達のため、大須に行ってきました・・・もちろんトランジスタもいくつか買ってみました~

いよいよアンプのMODですか。すごいですね~


古い真空管とかも結構置いてありました。
いつか試してみたいですね~

娘さん、インフルエンザとはお気の毒です。どうぞお大事に

※誠に申し訳ありませんが、HDDがクラッシュしてしまいまして、アドレスが・・・お暇な時でかまいませんのでまたメールいただけたら幸いです。

☆ごりさん

HDD大変でしたね~。大事なデータとか大丈夫ですか?

アンプのMODは妄想レベルですよ~。ただ回路図みてると楽しくなります。

アドレス了解しました~。

真空管も凝りだすと奥が深いみたいです。
一時期RCAやGEやフィリップなどを買いましたが、
結局管を抜き差ししている間に、前の音を忘れてしまい
違いがわからぬ粗末な聴力では、深みにはまることができませんでした。
でも、アンプを修理に出した時に交換されていた中国製の管は、違いがわかり、交換しました。
東芝の真空管、レトロでいいですね。

☆bluesboyさん

BBさん真空管集められてたんですね~。手の油がつくとそこから割れることがあるそうですので抜き差しって気をつかいます。

中国管は良くなかったんですね。12AX7の互換品も16種ぐらいあってゲインも微妙に違うらしいです。互換品じゃないですけど12ATXに替えるとゲインが6割程度になってクリーンなアンプになるそうです。
この東芝は12AU7なので残念ながらBJ君には使えないのでした(爆)。

よすけさんに送って頂いた、吾妻光良&スウィンギング・ボッパーズ愛聴してま~す。メッチャ気に入ってます、ありがとうございました!

おお真空管の研究ですね!エフェクターで使ってみたいですね!
暖か味があっていい音のリアル・ナチュラル・オーバードライブ出来ないでしょうかね~!

☆JAKEさん

ボッパーズ最高ですよね~。歌詞もいいです。

真空管ODについてこちらで詳しく解説してありました。低電圧だとクリップしやすいのでよいとありますね~。深いっす。
http://www.geocities.jp/hy210304/sinkuod.html

N.O.Sの国産ビンテージですね!東芝の通信用とは凄くお値打ち品ですね~、うちの嫁の実家が電材卸商をしていましたのでわたしも国産のN.O.Sをたくさん貰って持っていました。

東芝の真空管は造りが良くて昔から評判が良かったそうですよ。12AX7と12AT7の松下のを残してあって使っています。

意外なんですが、プリ管もパワー管もギターアンプには中国製のが相性が良くて思ってもみなかった発見です。ただ中国管は真空度が低いのか数ヶ月で内部にガスの燃えカスのような汚れが付いてきます。

☆Castmanさん

おーCastmanさんたくさんお持ちでしたか。これは測定器用途とかで死蔵されてた12AU7なのです。あいにくBJにはつかえましぇーん。

東芝ってよいんですね~。中国製は見たことないです。こんど探してみます!

そうなんですよ~チャイナ管はすこしピーキーな傾向の真空管アンプのプリ管パワー管に使いますと、新品のコンボアンプがツイードのオールドのような枯れ方をするんです。チャイナの12AX7は大体800円か900円ので充分です。パワー管もEL84/6BQ8がでていると思います。安いので充分です。

それと国産N.O.Sの発掘方法ですが、町の古くからやっている電気屋さんをこまめに回るとたいてい見つかりますよ。昔は家庭用のテレビ、ステレオも全て真空管でしたから、、、古い在庫まとめて5000円とかで交渉すると楽しいですよ。運がよければビクターステレオ用の東芝製6CA7ペアとか大きなテレビ兼用家具調ステレオ用のの6V6GTペアとかが見つかりますよ~

コメントを投稿