Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2008年11月 | メイン | 2009年1月 »

2008年12月

2008年12月29日 (月)

伝説のライブ

骨折後初めて原付に乗ってみました。そのまま調子にのって天神へGOです。

で、伝説のライブのDVDです。サンハウスの聖地である親不孝通りのJUKEレコードでサンハウスの1998年の博多クロッシングホールでの再結成ライブのDVD「風よ吹け」をGET!帰って早速見てみました。

感動です。凄すぎる!言葉にならない!

よすけが今まで見たライブで文句なくNo.1です。映像の臨場感も物凄い。よすけは動くサンハウスはほとんど見たこと無かったのですがこれ程とは。。。

2007年の博多での再結成ライブを見逃したのがくやまれますね〜。

とにかくすべてのサンハウスファン、ロックファン必見です。家宝にさせていただきます。

2008年12月25日 (木)

シンライン試奏

クリスマスパーティーでたらふく食べてちょっと太ったかも。

でFender Mexico Telecaster'69 Tele Thinlineの試奏です。ギプスがとれて浮かれ気分の今日この頃、近所のモールにできた楽器屋さんをうろちょろしてると見慣れないシンラインが。シンラインというと2ハムのモデルの印象が強いのですがあれは72年モデルで今回試奏したシングルコイルのは69年モデルでボディーはマホだそうです。
アンプはfenderのHot Rod delux、早速弾いてみます。まずはクリーンchで。テレキャスというとキャンキャンいうイメージが強いのですがなかなかまろやかなトーンでいい感じです。リアも同様に使える色気のあるトーンですね〜。ハーフトーンはストラト程癖はないですね。やはりセンターPUがほしくなります。
ドライブchでクランチさせて弾いてもなかなか好印象です。最後にクリーンchでアンプのtrebleを思いっきり絞ってジャジーな感じにしてみましたがこれがよかった。帰ってよすけのBluesJuniorとストラトでtreble絞ってやってみましたが全然色気無しです。やっぱホローボディーってあまい音がでるのかしら。。。ほっしーっす!

2008年12月20日 (土)

ギプスがとれた

ボストンからエンジニアが機械の調整で来日。魚釣りができる居酒屋につれてってヒラメとアジつりをやったら大喜びでした。

で12/16にギプスが外れました。骨折してから25日後になります。なんか不安なまま外そうといわれて外したものの、まだ弱いから気をつけろとか、無理してずれると手術だからな!とか先生おっしゃります。それならギプスつけたままの方が安心じゃんって思いましたが長くギプスつけすぎると関節がかたまるので関節のリハビリはやってくれとのこと。骨折の治療って微妙なんですね。
手の方はやはり手の平の上下左右への可動域がせまく無理に動かすと激痛がはしります。グーを握るのも毎朝腱を時間をかけて伸ばす感じですね〜。あと多少患部の腫れと発熱もあったりして。びくびくしながら生活してます。おふろで手首をぷらぷらさせるといいらしいです。

あと本日ついにギター弾いてみました!ソロならなんとかなりそうかもかも。ただ勢いあまってカッティングしそうになると危険です。

完全にくっつくのはいつなのか???

2008年12月13日 (土)

bluesの聖地

来週ギプス外せそうです。リハビリが固定期間の倍ぐらいかかるらしいっす。

でbluesの聖地です。みなさんBLUESの聖地というとどこでしょうね。ミシシッピのクラークスデイル?、シカゴのマックスウエルストリート?高円寺のジロキチ?博多で言うとNAMAZUとかいろいろありますが、Blues初心者のよすけの聖地といえばここ、近所のレンタルCD屋さんなのでした。ここのレンタル屋さん珍しくBluesコーナーがあって物凄い数のBlues CDが並んでおります。本日もおいしそうなBluesのCDをたくさんゲットしてきました。
よそのレンタル屋もBluesコーナーって充実してるんでしょうかね〜???

2008年12月 7日 (日)

骨折その後

昨日は九州地方は大雪で早速子供達は吹雪のなか雪だるま作ってました。

で骨折その後です。最初レントゲンで手首にヒビといわれたときはああそうかぐらいにしか思ってませんでしたが、この右手付け根の舟状骨というのが体の骨の中で一番つきにくく(血流が少ないのと軟骨につつまれているため)、ギブス固定で付かなかった場合おしりの骨を削って手首に移植する必要があるというのをネットで知ってビビリまくってます。なんでも6週間ぐらいギブス固定するとかしないとか。。。三角きんもできるだけつけるようにしています。ただ工場のクリーンルームでは無理ですね〜(泣)。

で右手が不自由だといろいろ困難があります。
朝だとズボンをはくのがつらい。ガニマタでズボンを支えてボタンやらベルトやらを多少右手も使いながら止めます。シャツの左袖のボタンはいまだにとめれましぇーん。
次は食事、左でお箸を使うのは簡単かなーと思ってたのですがこれが難しい。とりあえず今ははさむのはできるようになりましたが、力は全然入りません。昼飯は食堂をやめてもっぱらコンビにおにぎりになってしまいました。
食後は歯磨きですがこれも難しい。歯磨き粉はもうつけてません(爆)。

会社ではパソコン仕事は左手でもOKですね〜。ただ工場の中では無力です。。。とはいえ今日も一人工場で機械の修理してました。右手も多少使ってしまってますがだいじょうぶか???

あと風呂はギブスをビニール袋でつつんで入りますがシャワーのおかげで何とか快適です。背中が一部洗えてません。。。左手の爪は一年生の娘に切ってもらいました(涙)。だれか右耳の耳かきしてくれないかしら。

最後に寝る時手を伸ばして寝るとギブスの段差でひじが痛くなってしまうので三角巾でつってる体制で寝てます。

ってな感じでなかなか大変なのですがまあ骨がうまく付いてくれれば万事OKなのですがどうでしょうね〜。次回のレントゲンが楽しみ(不安?)だったりします。