Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« Sidekickで擬似FUZZ効果 | メイン | Fender Champion600試奏 »

2008年10月19日 (日)

60Wの力

今日はテニスの団体戦で一回戦まけでした。残念。。。

で60Wの力です。ストラトの弦を交換するので2つメンテを実施。ひとつはフローティングを大きくするのと後ひとつは半田のやり直しです。現在使っているはんだこては30Wなのですがこれだと細かい端子のはんだつけはOKなのですがポッドの裏にとっているPUのアース線がいまいち温まらずにいわゆる「イモハン」状態なのが気になります。

そこで100円ショップで600円もする60Wの半田こてを買ってきて早速温めなおしてみます。いつもなら結構ポットを温め続けないといけないのですが今回一瞬で温まってしかもポットに半田が薄く広がっていい感じです。プロの仕上がりです。

結構過激にあったまるので細かい部分は30W、熱が上がりにくい部分は60Wと使い分けるといいかも。

これで音だししてみましたが大した変化はありましぇんでした(笑)。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/18148070

60Wの力を参照しているブログ:

コメント

100円SHOPで600円は凄い!私のはナフコで800円だったかな(笑ポッドやスイッチ類は60Wクラスのコテが楽ですね・・ハンダコテの先を、掃除する耐熱のスポンジがあるのですが、それは1回使うと手離せませんよ〜。コテ用の台とセットになっています。水を含ませて使うのですが、コテの先をいつもきれいに出来るのでこげたヤニを取り除いて、加熱しすぎたコテの先を温度を下げられるのです。是非お験しを〜。

中学の技術の時間に制作した、半田ゴテ、未だに使ってます(笑)使用歴26年!まだ、全然使えるところが恐ろしいっす♪そして熱は半端ないです・・。スイッチで切り替えられたらといつも思ってます・・・本当に。

こんばんは〜!ナフコで800円ですか!きづきませんでした。60Wは使いやすいですね〜。あとそのスポンジ会社にありましたがヤニ取りに使うんですね、知りませんでした。会社で余ってるやつをもらってこようかしら。

26年!ビンテージ物ですね。しかしいまだに機能してるとこがすばらしい。熱は高い方が使いやすいですよね。スイッチ、あるといいかもですね〜。

シールドのハンダ付けはどっちがいいのでしょうかね?今持っている大昔に買ったハンダこてのW数も知らないのですが・・・ギターやペダルの修理は逆に壊してしまうので無理ですがシールドくらいはイモハンダにならないようにしたいと思っているのですが・・・・

こんばんは〜♪シールドは結構熱容量が大きいので60Wをお勧めしますよ〜。60Wは熱に弱い部品以外はホント作業性がよくていいです。多分BBさんのも半田ごてのどこかにW数が書いてあると思いますよ。

コメントを投稿