Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2008年9月 | メイン | 2008年11月 »

2008年10月

2008年10月31日 (金)

ギグバッグ購入

明後日は畑のサツマイモの収穫予定です。焼き芋でもしますか。

で、ギグバッグです。よすけがエレキ(死語)を始めた二十数年前はエレキギターはソフトケース(死語?)という茶色のビニール製の入れ物にいれて肩に担ぐもので、これでよく高校まで通ったものです。ところが十数年のブランクを経ていざ町を見渡すとソフトケースは絶滅しておりました。なぜか高校生やrockアンちゃんが担いでるのは真っ黒のケース。調べてみるとギグバッグなる名前のケースらしい。
よすけの場合ギターを外に持ち出すことは滅多にないのですが色々な妄想をめぐらすとやはりここはギグバッグが必要という結論に至りまして、で楽器屋を見渡すとなかなか安くてモダーンなデザインのバッグがあるではないですか。なんかリンク先のサウンド研究室のしまさんがもってたのに似てます(同じか?)。かっこいいから買っちゃえっとゲットした次第です。
このバッグ、リッターというメーカみたいですがなんかポケットがいっぱいあったりクッションがついてたり、ショルダータイプじゃなくてリュックサックタイプのホルダーだったりして新鮮ですね〜。いや〜バイクで運ぶ時に重宝しそうです。
バッグかったということはどっかに持ち出さないとですね。スタジオ予約しますか!

2008年10月25日 (土)

Fender Champion600試奏

今日は小学校の授業参観でした〜。

でフェンダーの1Vol、5W出力のオールチューブアンプChampion600です。博多の楽器屋で見つけて試奏させていただきました。ギターはフェンダーのビンストです。

音は、「よか〜!」って感じです。Blues Juniorよりいいかも。2時ぐらいのVolでブルージーなあまーくて芯のあるクランチトーン炸裂です。フルテンだとちょっとスピーカーがびびる感じ。ただこれでも大した音量ではないので十分家でもフルテン可能かも。12時以下くらいでクリーンだったような気がします。しっかし1Volで音色が調整できないだけあってずばりフェンダートーンがでるようにセットアップされてます。フェンダー恐るべしです。

このyoutubeのサウンドに近い感じでしたね〜。

2008年10月19日 (日)

60Wの力

今日はテニスの団体戦で一回戦まけでした。残念。。。

で60Wの力です。ストラトの弦を交換するので2つメンテを実施。ひとつはフローティングを大きくするのと後ひとつは半田のやり直しです。現在使っているはんだこては30Wなのですがこれだと細かい端子のはんだつけはOKなのですがポッドの裏にとっているPUのアース線がいまいち温まらずにいわゆる「イモハン」状態なのが気になります。

そこで100円ショップで600円もする60Wの半田こてを買ってきて早速温めなおしてみます。いつもなら結構ポットを温め続けないといけないのですが今回一瞬で温まってしかもポットに半田が薄く広がっていい感じです。プロの仕上がりです。

結構過激にあったまるので細かい部分は30W、熱が上がりにくい部分は60Wと使い分けるといいかも。

これで音だししてみましたが大した変化はありましぇんでした(笑)。

2008年10月11日 (土)

Sidekickで擬似FUZZ効果

最近気温の変化が激しいので皆様体調管理にお気をつけ下さい。

で擬似FUZZ効果です。先日のロジャーメイヤーのFUZZ試奏以来FUZZが気になってしょうがないよすけですが、なんとよすけの持っているFender Sidekick reverb30というアンプのみでFUZZのような音が出ることを発見しました!
FUZZっぽい歪みとVolに対する反応がなかなかいい感じです。
セッティングはリバーブ0,Vol2以外はフルテンです。ギターはビルローレンスのストラトのフロントピックアップ(fender custom54)で最初はギター側のVol2.5でクリーンクランチ系の音(これがなかなか気に入りました)。途中からギターのVolをmaxに上げてます。

サンプルサウンド

どうでしょう。なかなかFUZZっぽい感じがでてるのではないでしょうか。Fender Sidekickあなどれませんね〜。

2008年10月 4日 (土)

ラジカセ修理

明日は小学校の運動会ですが降水確率80%となっております。うちには巨大テルテル坊主がぶらさがってます。

でラジカセ修理です。子供達がCDレンタルし始めたのでママさんが昔使ってたバブルラジカセのPanasonic RX-DT707(92年製のコブラトップ)を引っ張りだしてきました。が、なんとCD入れると2度と出てきません。トレイを思いっきり引っ張ってもダメ。。。うーん、これは分解しかないとドライバーで解体開始です。どんどんねじを外すとやっとCDのところにたどり着きました。よくみるとCDがCDを上からスピンドルモータに押さえつける板にくっついてます。なんかスポンジみたいなので押さえているのですがスポンジにゴミがつまって吸盤のようになってしまってるのか?とりあえずスポンジに両面テープでメモ紙を貼り付けてくっつき防止をして再度くみ上げます。今のところ快調のようです。しかしこの時代のラジカセってバブリーな感じで音も良かったりしますよ〜。
しかしねじが何本かあまってるのは気のせいか(爆)。