Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« メトロノーム | メイン | Blues Juniorがやってきた! »

2008年7月23日 (水)

フルチューブアンプ試奏

あついっす〜。

でリサイクルショップで見つけた本日の一品「Ken Jordin tube 35R」です。このアンプ、ネットで安いのにフルチューブということで話題になってました。売価35000円ぐらいなのに真空管6本、セレッションSP、ツイード仕上げと物凄いスペックです。しかも中古で2万ちょっと。。。よかったら買うか!とノリノリで試奏です。

ギターはフェルナンデスの7800円ストラトコピー。←ストラトがこれしかなかった。。。これがチューニングが合わない!どうにか適当にあわせて音出しです。キラーン。何気にクリーントーンです。そうなのです。このアンプ35Wもあるのにワンボリュームなのでした。試奏で出せる音量では全く歪みません。トーンは効きが弱い感じ。リバーブは浅め。ギターのせいかもしれませんがクリーンもいまいち張りが無い感じでなんとも消化不良で本日の試奏は終了とあいなりました。

教訓:まともなギターで試奏しないとアンプの評価ってできまシェーン。

P.S.その後ネットであるアンプを在庫確認中。あればオーダー予定です。楽しみ♪

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/18147954

フルチューブアンプ試奏を参照しているブログ:

コメント

たかがアンプされどアンプ・・・。難しいですね!しかも何て適当なG(爆)残念ですね!さて、オーダー中のアンプ、何が出てくるか楽しみです♪

といっても会社では室内でクールビズ服装ですが。オーダーのアンプ・・・なにやら楽しみです。

こんばんはです〜!>たかがアンプされどアンプ・・・。 そうなんですよ。こないだ新セッティング出したばかりなのにもう浮気してます(爆)。そしてオーダーの品。売れてないといいんですが。楽しみです。

ホント暑いですね〜。CO2削減でどこもかしこもエアコンの温度が28℃になってて汗かきながら仕事してます。アンプ楽しみです、といってもメチャメジャーなアンプなのです。

cat よすけさん、こんにちわ〜。イヤイヤ、お暑ぅ〜御座います。このお値段で真空管6本とは凄いコストパフォーマンスですね〜。smile多分このアンプは、マーシャルの1959プレキシの様にフルテンにして、はじめて威力を発揮するタイプなのでしょうね。どんなタイプのアンプでもクリーントーンが駄目なアンプは何をやっても駄目だと言うのがニャロメのまったく個人的な自論なんです。個人的はピーヴィーの15インチ・スピーカーが一発入ったデルタ・ブルースがとっても印象が良かったです。若しかしたら、よすけさんがオーダー予定のアンプはフェンダーのチャンピオンでしょうか?。catそれではよすけさん、また遊びに来ます。  (=^ェ^=)ノ~~~~

こんばんは〜♪やっすいですよね〜。フルテンは物凄い音量になりそうです(笑)。クリーントーンが色っぽいといいですよね!>個人的はピーヴィーの15インチ・スピーカーが一発入ったデルタ・ブルースがとっても印象が良かったです。 これも15inってのがバイブロバーブを連想させますね〜。実はchampion600はつい数日前まで購入予定No1だったのです。するどいですね〜。急に別のアンプをオーダーしてしまいました。来たらレビューしますよ!

コメントを投稿