Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2007年6月 | メイン | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月30日 (月)

マイピアノ?

昨日今日と長崎へ旅行。途中よったStamina本舗 Kayaで食べた佐世保バーガーは驚きのうまさでした。ホテルのビーチで魚とたわむれることもできて子供達も大満足でした。

でピアノ?です。まあ本当はピアノじゃなくてmidiキーボードコントローラーです。うちの年長組さんの娘が運動会の曲をうちで練習するキーボードが欲しいとおっしゃるではないですか。そいえばよすけのシーケンサーQR10にはmidiがついてます。キーボードコントローラーを買えばピアノになるかもということでオクをのぞいてると49鍵のやつが安くでてます。早速入札、数千円でゲットしました。

で写真のように娘のちっちゃな机の上にセッティングです。QR10にはスピーカーがついてるのでこれで鳴らします。
よすけはmidiキーボードコントローラーの機能は全然しらなかったのですがなんとタッチセンサーで強弱がついたりフットペダルでサスティーンが出せたりなかなかの物です。

ただしよすけの遊び相手のQR10君とはしばしの別れ。。。

娘があきたら譜面でも買ってなんちゃってBluesピアノでも練習してみたいよすけでした。

2007年7月25日 (水)

Bluesのスケール

ブラックベリー酒が色づいてきました。楽しみ!

でBluesのスケールのお話です。

Bluesでアドリブを弾こうと思った時やはり最初はマイナーペンタトニックスケールでなんとかしようと思いますよね〜。これなら音が5つしかないので簡単じゃん、なんて思って色々弾いてみます。しかしなんか変。
そのうちプロの人たちは♭5thを多用していることに気付きました。これもつかって見ましょう。(これで6音)
だけどM3rdもよく使われてます。もうすでに7音で普通にイオニアン(ドレミファソラシ)と音数では並んでしまってます。

しかーしB.B.king大先生とか聴いてるとどーも違う。。。
なんかメジャーペンタトニックスケールも織り交ぜてるみたい。(9th、13thがプラスで計9音!!!)やはりコード進行がメジャーなだけにこれを使わないとさまにならないみたいです。既に頭はパニック状態です。

もう使ってない音がたったの3音になってしまいました。更にジャジーでクロマチックなフレーズ弾いちゃうと12音全部使っちゃう勢いです。

どーもBlues道は奥が深いようで。。。

皆様どのようにスケールって使いこなしてますでしょうか???

2007年7月17日 (火)

セミアコ試奏

かぼちゃを収穫しました。

でセミアコです。Bluesとセミアコは切っても切れない関係のようです。あっちみても、こっちみてもみーんなGibson ES-335をつかってます。ライブでJCにつながってる335はどれもぼよんぼよんとした音でソリッド系のJCに対する相性の良さとは対極でいい音してるの聴いた事ありません。しかーしレコードではB.B.kingやらOtis Rushやら最近ではCarlos Johnsonまでむちゃいい音してます。セミアコ欲しい病が発病中です。

とはいえよすけは人生で一度もセミアコ弾いたことありません。早速楽器屋でセミアコをじろじろ眺めているとなんと試奏を進めてくれるじゃありませんか。Gibson ES335(30マン円)とhistory ES335コピーモデル(23万円)をフェンダーのなんちゃらデビルというチューブアンプにつなげて弾いてみます。

まずgibsonから。クランチでブルースのリフを弾いてみましたがうーん図太いサウンド、いい感じです。高音弦でソロを弾いてみた感じはソリッドとそんなに変わらないです。次は2,3弦あたりで複弦のグリッサンド。きたーって感じです。セミアコの箱鳴りでむちゃあまーい響きです。ノックアウトされました。クリーンも良いです。ナイスです。
次はヒストリー。作りはいいらしい(店員さん談)がいきなりネックが反ってます。Gibsonの見事なネックとは大違いです。音は。。。ソリッドギターのような、、、まあ良いんじゃないでしょうか。

やっぱセミアコいいですね〜。ヤフオクでGibsonが16マンぐらい、Grecoが7マンぐらい、Yamahaが5万ぐらいですね〜。もっと安いの無いのかしら。。。

2007年7月14日 (土)

ブルースマンファッション

福岡は台風それたみたいです(ほっ)。みなさんの地域は大丈夫でしたか?今日は台風に備えて会社も休みだったのでブラックベリー酒の仕込みをやってました。2ヶ月後が楽しみです。

でブルースのファッションの話です。ブルースマンがかぶっている帽子といえばSRVのウエスタンハットが思い浮かびます。あとパナマ帽とか。私も一時期SRVみたいな帽子をかぶってみたいと思ったのですが実際あれをかぶる勇気はありません(汗)。

でBluesのライブとかいくと皆さんこれかぶってるじゃないですか、「ハンチング帽」です。私、祖父がかぶってたイメージがあってあれは相当年取ってからかぶるもんだと思っていましたが皆さんかぶってるのを見るともう欲しくてたまりません。
で色々探したのですがよすけの頭のサイズ(ちょいと大きめ)にあうのがなかなか無い。そんな時嫁さんが右のニットのやつを買ってきてくれたのでした。さすがにニットだけあってよすけの頭にもフィット!去年の冬はこれですごしました。
で冬も過ぎニットは暑いので新しいのを探していると左の麻のやつがなんと60cmでなんとかよすけの頭に入りそうということでゲット。最近の外出の定番アイテムとなってるのでした。

なんかこの帽子かぶってるだけで気分はBluesマンのよすけでした。

youtube憂歌団の木村さんハンチングかぶってますね〜。

みなさんはなんかファッションにこだわりってあるんでしょうかね〜。

2007年7月 7日 (土)

クリーントーン

最近の収穫、トマト、キュウリ、ナス、しし唐、とうもろこし、ゴーヤ、ミョウガ、ブラックベリー(これはジュースとお酒用)等々盛りだくさんです。

で、クリーントーンです。よすけはクリーンってのはあまり使わないで大体クランチでやってクリーンが欲しい時はギターのVol絞ってだすって感じでやってますが、なーんか「どクリーン」でやってみたい気分。早速やってみます。

アンプはいつものFender Sidekick reverb30という大昔のトランジスタアンプです。マスターをフル、Volを0.5程度にセット。ギターはビルローレンスのストラトでフロントピックアップでトーンを8に絞ってます。
バッキングは例のQR10君のジャジーなやつをえらんで見ました。

またまた3コードのBluesですがジャジーということでチョーキング禁止令を自分に課していたのですが途中で我慢しきれずに一発入れてしまいました(反省)。

クリーンを生かしきれてないような演奏はこちら

クリーンもいいもんですね〜。