Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« Glass slide bar | メイン | 魂をゆさぶられる瞬間 »

2007年6月16日 (土)

これで聴いてます(SP編2)

子供が描いてくれた私がギターを弾いている絵が銅賞になり明日は表彰式です!

でネタなし企画の定番、機材紹介です。DENONのスピーカー「SC-F10」
これも10年以上前にデッドストックを数千円で購入。音の方はパンチがある感じでなかなか気に入ってます。でまあ何の特徴もないスピーカーと思って使ってましたがなんか裏にmade in englandと書いてあるのが気になります。
早速ネットで調べてみると、ピアレス社製ウーファーユニットとヴィファ社製のツイーターユニットでどちらもデンマーク製らしいです。

なんと日本のDENONが北欧のユニットをイギリスで組み立てたということになるのでしょうか。なんとグローバルなSPなんでしょう。よくわからないが感動。。。

よすけはこのSPを居間でAVアンプにつなげてドルビーサラウンド5.1chのフロント用として使ってますが、最近めっきり映画見ないのでホコリだらけでかわいそうなやつなのでした。

DENONを「デンオン」と読んでしまうよすけでした。

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/395266/18147480

これで聴いてます(SP編2)を参照しているブログ:

コメント

よすけさん、ども〜。>DENONを「デンオン」と読んでしまうこれって決して間違いではないんですよ〜。80年代後半というか、ほぼ90年頃は大阪の電気屋さんでも「デンオン」と言ってましたし、大分の電気屋さんでも同様の事を仰ってました。実際に何時なのかは分かりませんが、DENONを「デノン」と呼ぶようになったのは90年代中期から後期の間みたいですよ。にしても、このスピーカー、数千円には見えないですね〜!!コーンの周辺とか妙に高級オーディオ感が出てるように見えます。汗)

ありがとうございます〜。明日は写真とってきま〜す(笑)。やっぱデンオンですよね〜。なんか最近昔なかった言葉が多いです。例えば「スラップ」はチョッパー、「クランチ」はオーバードライブ、「アイバニーズ」はイバニーズとか。。。最初はなんのことかわかりませんでした(汗)このSPはよくわかりませんがお宝かも?

ここにも“デンオン”と呼ぶ輩がいます。(笑)なんか、凄いユニットですね〜。(笑)どんな音が出るか、楽しみですよ♪状態も良さそうですし!ウチのもそうですが、スピーカーは国産メーカーのものは比較的安いですよね。アンプと比べると、格安っ。これで良い音で聞けるのならシメシメですね。(笑)

こんばんは!リュウさんも同世代ですよね。なんか今はなんでもアメリカ人の呼び方に無理やり変えてしまってるみたいでついていけません(泣)。なんかデンマークと聞くとバイキングの荒々しいサウンドが聴こえてきそうですがまあ普通に良い音ですよ(笑)。確かにBOSEとかは中古でもけっこうしますよね。国産ねらい目ですね。YAMAHAのNS-10とか結構欲しい気がします(汗)。

突然失礼します。
そうなんです、良い音なのです。私もひょんな事から手に入れて聴いてみたらヴォーカルなんかメインの10倍以上するSPより断然良いのです。現在居間でテレビの音を出しています(台詞が良いので)が、メインに持って行こうか迷っています。でも貧乏人なので値段の差で考え込んでいます。ちなみに私も「デンオン派」です。
PS・時間が経っているのでもう手放したかな?

☆金久保さん

はじめまして!

そうなんですよね~。私もメインのSX-F3よりこっちの方が迫力ある音がするな~と思ってるんですよ。
こちらはAVアンプ用でたま~に活躍しております(汗)。

コメントを投稿