Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2007年4月 | メイン | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月26日 (土)

酒井聡行カルテットLive at 中州RiverSide

九州ブルースフェスティバルで長い時間座ってたからかなんとGで苦しんでいるよすけです。

今日はブルースの仲間であるジャズのライブです。

よすけの友人の凄腕ギタリストnosuke氏の後輩の酒井聡行氏がFRAGRANCE OF LOVEというCD(こちらで試聴できます)の発売記念ライブを福岡で行うということで早速中州のライブバーRiverSideにいってきました。

この方スタジオはもちろん昔ミスチル、今氷川キヨシなどのツアーサポートもこなす超実力派のジャズSAXプレーヤーらしいです。よすけはnosuke氏の結婚式で吹いてるのを数年前に見ましたがさすがプロって感じで貫禄でした。
他のメンバーは元T-スクエアの松本圭司(piano)、池田達也(bass)、松原正樹ともいっしょにやっている田中栄二(ds)という日本のトップレベルのジャズミュージシャンでの布陣です。

Barの中はというとなんと!若い女性が多数(20名以上)と、いつもむさくるしい男数名というライブしかしらないよすけにとっては異次元の世界です。Jazzってモテルノデショウカ???

ライブの方ははじまったとたんから凄いグルーブです。特にドラムの田中栄二氏が凄い!いままでよすけはデニスチェンバースが結構凄いと思ってましたが日本にもいました!もうこの人のドラムは歌ってます、泣いてます、笑ってます。こんなに表現力豊かでテクニックも凄いドラムを見れて幸せです。
酒井氏も前回より更にパワーアップで熱い演奏です。途中キャラバンでピアノの松本氏と共に切れまくった演奏を聴かせてくれました。Bassの池田氏もウッドベースでなかなか気合の入った演奏です。MCもばっちり笑わせていただきました。

いやー日本のトッププロが集まるとこんなすんごい演奏になるんですね〜。いいもの見せていただきました。
最後にメンバーの方達とかたい握手をかわしてお別れしたのでした。楽しかった。

2007年5月20日 (日)

tone色々

今日は庭のバーベキューコーナーで昼からビール飲みながらの燻製作り。夕食は庭で燻製パーティーでした。うまかった。

で本題です。よすけの愛用のギターアンプはFender sidekick reverb30ですがこのアンプ長い間なかなか良い音でませんでした。ある時SRV研究で有名なkazuheeさんのTexas BloodにてエルモカンボでのSRVのアンプセッティングが公開されてるのを発見(この時はバイブロバーブが調子悪くてsuper reverb使用らしい)。だめもとでこのセッティングを試した所いきなりジャキーンというあのフェンダーサウンドで鳴り始めたのでした。(あくまで主観ですので。。。)
いや〜、セッティングって重要なのですね〜。

というわけでtoneセッティング色々試してみました。(ギターはBillのストラトのフロントpu)

0秒〜 SRVセッティング(T6.5 M9 B3.5)
9秒〜 フルテン    (T10 M10 B10 )
18秒〜 高音重視    (T10 M8 B6 )
27秒〜 低音重視    (T6.5 M6.5 B10 )  

tone比較のサンプルサウンド:演奏はよれよれです。。。

よすけの感想としては、SRVはミッドに粘りがあってよいです。フルテンはじゃりじゃりしていまいち。高音重視はミッドがすかすかで物足りない。低音重視は高音のはりが無い。って感じでなぜかSRVセッティングに軍配があがったのでした。皆さんはどれが好みでしょう?どれもいまいちだったりして(爆)。ってsidekick持ってる人しか関係ないねたでした〜。

2007年5月13日 (日)

九州ブルースフェスティバル

今日は昼1時から夜9時まで九州ブルースフェスティバルでブルース三昧でした。音楽にビールにつまみにラーメンととっても楽しかったです。(写真はよすけの大好きな哲心童子Blues band)

以下各バンドの紹介
1.小森野ブルースカルテット
ブルースロックバンド、なんとサンハウスのぬすっとをやってました。SGでクリーム時代のクラプトンのような音を出してました。かっこよかった。
2.まこと
Gibsonのアコギでクラプトンが決まってました。
3.33RPM
日本語のブルースを色々やってくれました。「明治通りで待ち合わせ」という久留米の歌が面白かった。
4.Blue three
このバンドはかっこよかった!SRVのcome onから始まりPride and joyへ続きオリジナルへ。なかなかヘビーでブルージーで凄かった。
5.伊藤しょうへい
ロバジョンのlove in vainをやってくれました。むちゃ渋かった!
6.GuitarMonk&大川ジェットモグラ
ハービーハンコックのROCK itではじまり、のんだくれjohnnyやら植木等やらやってました。途中のオリジナルインスト「老人会の借り物競争」は凄かった。基本的にファンクロックブルースで特にベースがジャコかマーカスかって感じで切れまくってました。また見てみたいですね〜。
7.Sanpei BAND
クラプトンメドレーかましてました。
8.CLOUD9
これは凄かった。レイチャールズの再来のような声を持ちバディーガイの再来のようなギター(もう絶品でした)を弾く方には後光がさしてました。JCに3ピックアップのSGカスタムを直で刺してるのですがもうどのバンドよりもブルージーで抜けの良いギターで思わずそれ下さいって感じです。曲はよすけもほとんど知らないマニアックなブルースをやってくれてました。よかった!
9.夕暮算大BAND
オリジナルの日本語ブルースをかましてくれました。VoとGtの掛け合い漫才が面白かった。
10.ジャンガプップJug Band
とにかく楽器の種類が凄い(15種類ぐらい)珍しいのではスプーンとかフライパンとかウォッシュボード、モップの柄に紐をつけてたらいの上で鳴らす単弦ベース、よすけももってるカズー、そして謎の楽器が、、、なんか口元で紐みたいなのを駆使して終始ビヨンビヨン言わせてたのなんでしょう。知ってる方教えてください〜。
11.哲心童子BLUES BAND
BBやらロバジョンやらマディーやらやってくれました。ドラムのミッキー長田氏凄すぎです。リズムがほかの方とまったく違う。プロです。華麗なバチさばきに感動!ハープの中野茂樹さん凄すぎです。もう一瞬でシカゴへつれてってくれます。リトルウォルターが降臨してました。そして哲心童子さん、相変わらず凄かったP90のゴールドレスポールは最高の音色とフレーズ出まくりでした。あとリンク先の猪口さんもアコギで2曲渋くきめてました。
12.John the konkeroo
SRVやらマディーやらロバジョンやら繰り広げてくれました。
13.キム・モクキュン
オリジナルを繰り広げてくれました。アメリカ人のVo&ハープマンもなかなかナイスでした。

最後はみんなでgot my mojo workingとジミーロジャースのthat's all rightでジャムセッション。長い一日皆様お疲れ様でした。

また来年が待ち遠しいよすけでした。

2007年5月 8日 (火)

ジミヘンの映画

まだ連休ボケがとれません。。。

で、1973年の映画「JIMI HENDRIX」です。

前回ジミヘン本の記事書きましたがあれも1973年でした。この頃はやはりJIMIを懐かしんで色々でてたんでしょうね。

このDVDはよすけがジミヘンあまりピンと来てない頃に1500円という値段につられて購入、放置していたもので、最近見直すと感動の作品と気づきました(爆)。

内容は以下のライブ映像
Rock me baby(1967モントレー:黒stスモールH)
wild thing(1967モントレー:サイケストラト←燃やして叩き壊しました。)
machine gun(1970.8ワイト島:黒stラージH)
Johnny B good(?:白69st)
Hey Joe(1967モントレー:黒stスモールH)
Purple Haze(1967のTVショウ:黒stスモール〜1969?のライブ:白69st)
Like a rolling stone(1967モントレー:黒stスモールH)
星条旗よ永遠なれ(1969ウッドストック:白69st)
machine gun(1969フィルモアイースト:黒stラージH)
Here my train A'comin'(撮影スタジオ:ゼマティスの12弦アコギ)
Red house(1970.8ワイト島:FV)
In from the stream(1970.8ワイト島:黒stラージH)

クラプトン(目がいってます)、ピートタウンゼント(なんか焦ってる)、ミックジャガー(意外と冷静)、メンバーやら本人やらおねーちゃん達、おとーさん等々のインタビューで構成されています。

モントレーはうわさ通り凄い迫力でのりのりです。うわさの火付けシーンはびっくりです。
フィルモアも良いです。
しかし亡くなる18日前のワイト島の演奏でJIMIが悲壮な感じで弾いているのがなんというかとっても切ないのでした。。。

YouTube(Here my train A'comin'

2007年5月 2日 (水)

一人セッションのお供

日曜日は実家の竹藪(なんとここの地名が竹ノ子!)にはいって家族で竹の子堀でした。大量ゲットしておいしく頂きました。

で本題です。よすけが自宅一人セッションのお供としてつかっているリズムマシンYAMAHAのQR10です。(1993年製、価格は忘れました)

このリズムマシンなんとスピーカーが付いていて単体で音がならせます。更にキーボードもついていてメロディーの多重録音もできたるする作曲マシンでもあります。

よすけはヤマハの誇るABC(オートベースコード)機能を使ってコードのみを打ち込んで勝手にドラムやらベースやらピアノやらを演奏させています。

色んなジャンルのバッキングができるのですがよすけはシャッフルか3連しか使わないのでした。さらにコードはブルース進行の3コードのみいれて後はトランスポーズさせてキーを変えたりして使ってます。

あとBR-864とMidiで同期させたりもできたりするので色々便利だったりします。

まあシカゴブルースのバッキングなんてのは全然できませんがなかなか楽しめるやつです。

サンプルサウンド:A♭のスローブルースです。

アンプはfenderのsidekickをゲイン高めにセッティングしてビルローレンスを直につないでフロントで弾いてます(マイク録り)。あと今回初めてアンプのreverbのみで録音してみました。(いつもは卓で後がけ)

アドリブなのでなかなか物悲しいできになりました(汗)。