Blog内検索

blog link

BluesBlogなら

« 2006年10月 | メイン | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月25日 (土)

Fender sidekick reverb 30

Fender Japanの1984年製のトランジスタアンプ(定価39800円)です。出力は30WでSPは12インチ一発です。1984年といえばfender Japan出来立ての頃でこのアンプのシリーズはポールリベラが開発。そのせいかトランジスタですがFenderらしいジャリーン、ジャキーンという「あの」サウンドが味わえます。かなり良いです。リバーブもアキュトロニクス社製のスプリングリバーブでかなりリッチな響きです。


サンプルサウンドです。Castles made of sand/Jimi Hendrix(ストラトのFとMのハーフトーンでアンプ直です。)

1967年のジミヘンのアルバム「AXIS:BOLD AS LOVE」の曲です。SRVもアルバムのおまけのインタビューでジミヘンをどう思うかときかれてこの曲を弾きながらなんちゃら答えてました。

2006年11月19日 (日)

屋外水栓をリフォーム

屋外水栓です。今回はママさんが挑戦です。もともとここには既製品の味気ない水栓がついていたのですがママさんどーしても気に入らないということでリフォーム実施です。まずついていた洗い場を外します。これが洗い場が人造大理石でできててこわれません。そこでよすけ登場しましてドリルで破壊して取り外しました。次はママさんです。はじめてセメントをこねたり、レンガを割ったりしながら土木作業をこなしていきました。あと立て水栓の部分はプラスチックの上からタイルを貼っていきます。その後目地をホワイトセメントでうめてできあがりです。うーんすばらしい。今後もママさんの活躍に期待するよすけです。

2006年11月 5日 (日)

OVATION Collectors’ Edition 1993

このアコギは1993年製の限定モデルです。(定価25万円。但しよすけは新品傷ありで安く買いました)ボディーはミッドボウル、top材は非常に美しいスプルースの艶消し仕上げ、指板はエボニー、ネックはマホガニーとエボニーの5ピースでV形状、更にペグのつまみとヘッドの表面材もエボニー、ブリッジはウォールナットと贅沢三昧のつくりになってます。しかしエポーレットがだんだん剥げてきてます。がっくり。。。いつか修理しなければ。

音のほうは音量もありサスティーンも伸びてなかなかです。まあ普通のアコギと比べてテンション緩めですのでガツガツした音は出にくいかもしれません。

よすけはこれでたまにカントリーブルースなんぞをつま弾いてみたりしてます。(へたですが)サンプルはサムピックと人差し指の2フィンガーで弾いてます。録音レベルが上がらなくてノイズが結構すごいです。

サンプルサウンドです。Baby please don't go/Lightnin' Hopkins(マイク録りです。)

テキサスブルースの神様ライトニンホプキンスのスタンダードナンバーです。